美食とレトロな景色を満喫!1泊2日釧路の旅
  • 国内

105

西村愛のゴーゴートリップ

美食とレトロな景色を満喫!1泊2日釧路の旅

2017.11.13

釧路の夕日の美しさは誰もが知るところ。夕方になるとどこからともなく幣舞橋近くにカメラを持った人たちが現れます。キリッと冷たい空気の中、ゆっくりと海へと落ちていく夕日。それはそれは見事なものでした。

幣舞橋越しに海へ沈む、釧路の夕日を観る

  • フィッシャーマンズワーフMOOとEGG。釧路川沿いにあり、滞在中毎日訪れていました。

  • ぬさまい橋には4体、春・夏・秋・冬を題材とした作者の違う「四季の像」があります。こちらは春、彫刻家の舟越保武氏のデザインです。

  • EGGはドーム型をした植物園。中には記念樹などが植えられています。日本各地からやってきた木々をドーム内の温かい場所で育てているようです。

  • 鳥取県から贈られた二十世紀梨の苗もありました。釧路へ移住した鳥取士族と関連ありそうですね。

  • MOOもEGGも毛綱毅曠(もづなきこう)氏の設計・デザイン。ライティングの印影など、細部も美しくデザインされていました。

  • 釧路の日暮れは早いです。訪問した9月では17時にはもう沈んでしまいます。

  • 沈み始めたらあっという間ですね…。夕日は周りを焼きながら海の方向へ沈んでいきます。

  • キャッスルホテル前から始め、その後少しずつ橋の方へ近づきながら撮影を続けました。ちなみにキャッスルホテルも毛綱氏の設計デザインです。

  • 夕日の時間は雲も少し取れてくれたのですが、その後反対側から雲が湧き始めやがて全体を覆います。釧路の天気はとても変わりやすかったです。

  • 水平線に限りなく近くなる頃には西側だけでなくほか三方向にも薄い光を放出し始めます。

  • 釧路川の東方向もピンク色になり始め、いよいよこの日の夕日も終わりです。

  • MOOもライトアップが始まります。

  • 夕日に合わせたかのように出航していく漁船もありました。(急に真っ黒な雲がすごいです…!)

バリ島、マニラと共に世界三大夕日として数えられる釧路。
私も早速カメラで夕日撮影を試みましたがなかなか難しい~。しかしレースのように美しく見える橋の欄干やアートな雰囲気のブロンズ像など、夕日のためにセッティングされたかのようなスポットでした。

  • フィッシャーマンズワーフMOOとEGG。釧路川沿いにあり、滞在中毎日訪れていました。

  • ぬさまい橋には4体、春・夏・秋・冬を題材とした作者の違う「四季の像」があります。こちらは春、彫刻家の舟越保武氏のデザインです。

  • EGGはドーム型をした植物園。中には記念樹などが植えられています。日本各地からやってきた木々をドーム内の温かい場所で育てているようです。

  • 鳥取県から贈られた二十世紀梨の苗もありました。釧路へ移住した鳥取士族と関連ありそうですね。

  • MOOもEGGも毛綱毅曠(もづなきこう)氏の設計・デザイン。ライティングの印影など、細部も美しくデザインされていました。

  • 釧路の日暮れは早いです。訪問した9月では17時にはもう沈んでしまいます。

  • 沈み始めたらあっという間ですね…。夕日は周りを焼きながら海の方向へ沈んでいきます。

  • キャッスルホテル前から始め、その後少しずつ橋の方へ近づきながら撮影を続けました。ちなみにキャッスルホテルも毛綱氏の設計デザインです。

  • 夕日の時間は雲も少し取れてくれたのですが、その後反対側から雲が湧き始めやがて全体を覆います。釧路の天気はとても変わりやすかったです。

  • 水平線に限りなく近くなる頃には西側だけでなくほか三方向にも薄い光を放出し始めます。

  • 釧路川の東方向もピンク色になり始め、いよいよこの日の夕日も終わりです。

  • MOOもライトアップが始まります。

  • 夕日に合わせたかのように出航していく漁船もありました。(急に真っ黒な雲がすごいです…!)

釧路川の散策もおすすめ!古き良きレンガ造りの倉庫は今も現役。

  • まなぼっと釧路(釧路市生涯学習センター)へ登ると釧路川がはるか遠くまで見渡せます。奥は釧路湿原!

  • ぬさまい公園からの景色も良いです。ロータリー交差点になっています。

  • わっと(釧路市民活動センター)でレンタサイクル。簡単な観光なら教えてもらえますし、ぬさまい橋のたもとには観光案内所もあります。

  • 釧路川沿いを走るのも気持ちいいです!せっかくなのでぬさまい橋との一枚。

  • 穏やかな釧路川。釣りをしている人も見かけます。海水が流れ込み汽水状態になっているので、海の魚が釣れるそうです。

  • 川沿いは広い遊歩道になっているので、自転車で走るのに十分です。気持ちいいのですが、走っても走ってもなかなか地図が進みません。北海道、やっぱり広い!(笑)

  • 不思議な形の塔は日本山妙法寺の仏舎利塔。色んな文化が混ざったような独特の風景を作り出す、釧路川沿いです。

  • 釧路のレンガ造り倉庫。今も現役で使われています。

  • 倉庫街の目印は、北海道立釧路芸術館の海側(西側)のエリア。

  • 浪花町十六番倉庫裏側。イベントなどを開催する施設として使われていましたが現在は休館しています。

  • 100年以上前に建築されたもので、既に歴史的遺産。

  • 今ではなかなか見られない重厚な造りの倉庫なので、釧路へ行ったらぜひ観て帰るといいと思います。

  • レンタサイクルを使って回っていたので周辺も散策。築年数が古そうなこういった建物になぜか惹き付けられます。

  • 昔はどういう使われ方をしていたのだろう…と考えるだけで知的好奇心がかき立てられますし、なによりも非日常感のある風景が魅力的です。

  • 最後は港方面をぐるっとまわって船見て帰りました~。

  • 釧路港は大型底引き網船が何艘も停船していました。

何本もの橋がかかる釧路川を俯瞰できる「まなぼっと幣舞(釧路市生涯学習センター)」の無料展望台へ登りました。遠く釧路湿原まで見渡せる絶景です。旅をする時、早めに俯瞰できるところから街を眺めておくと、ざっとした地理が掴めてその後の旅がぐんと楽になります。
末広町にあるわっと(釧路市民活動センター)でレンタサイクルを借りて川沿い散策!あまり漕ぎたくない方にはアシスト付き自転車もありますよ(充電量にお気を付けください)。
街なかは比較的平坦な道が多いので自転車で走りやすいですし、川横は広く歩道が取ってあって通る風がとても気持ちいいです。
港周辺の釧路川下流域にはレンガ造りの「北海道立釧路芸術館」、まもなく開館20年を迎えます。さらに近くには大阪の商売繁盛にあやかるため浪花町と名付けられたという、倉庫が立ち並ぶ情緒豊かなエリアもあります。

  • まなぼっと釧路(釧路市生涯学習センター)へ登ると釧路川がはるか遠くまで見渡せます。奥は釧路湿原!

  • ぬさまい公園からの景色も良いです。ロータリー交差点になっています。

  • わっと(釧路市民活動センター)でレンタサイクル。簡単な観光なら教えてもらえますし、ぬさまい橋のたもとには観光案内所もあります。

  • 釧路川沿いを走るのも気持ちいいです!せっかくなのでぬさまい橋との一枚。

  • 穏やかな釧路川。釣りをしている人も見かけます。海水が流れ込み汽水状態になっているので、海の魚が釣れるそうです。

  • 川沿いは広い遊歩道になっているので、自転車で走るのに十分です。気持ちいいのですが、走っても走ってもなかなか地図が進みません。北海道、やっぱり広い!(笑)

  • 不思議な形の塔は日本山妙法寺の仏舎利塔。色んな文化が混ざったような独特の風景を作り出す、釧路川沿いです。

  • 釧路のレンガ造り倉庫。今も現役で使われています。

  • 倉庫街の目印は、北海道立釧路芸術館の海側(西側)のエリア。

  • 浪花町十六番倉庫裏側。イベントなどを開催する施設として使われていましたが現在は休館しています。

  • 100年以上前に建築されたもので、既に歴史的遺産。

  • 今ではなかなか見られない重厚な造りの倉庫なので、釧路へ行ったらぜひ観て帰るといいと思います。

  • レンタサイクルを使って回っていたので周辺も散策。築年数が古そうなこういった建物になぜか惹き付けられます。

  • 昔はどういう使われ方をしていたのだろう…と考えるだけで知的好奇心がかき立てられますし、なによりも非日常感のある風景が魅力的です。

  • 最後は港方面をぐるっとまわって船見て帰りました~。

  • 釧路港は大型底引き網船が何艘も停船していました。

全体マップ

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

冬の釧路へおトクに行こう!往路に釧路空港利用で1名5,000円引

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ