演出振付家MIKIKOが語る、私を育ててくれたニューヨーク

INTERVIEW

MIKIKO

54

日本人が輝ける表現を求めて

演出振付家MIKIKOが語る、私を育ててくれたニューヨーク

2018.03.08

「旅」は自分と向き合える贅沢な時間。自分自身が何を感じるかがいちばん大事

 

JAL:ニューヨークで過ごした1年半というのは、いま振り返ると、MIKIKOさんにとってどんな経験だったのでしょう?

 

MIKIKO:とにかく刺激を受けて、吸収できるものはすべてしようとする一方で、アメリカやニューヨークのことを知るというより、自分自身がそこで何を感じるかということがいちばん大事だった気がします。

仕事をしていないぶん時間がたっぷりあるなかで、日本に帰ってからニューヨークでの経験をどう仕事に活かしていくのか、自分はいまここに何をしにきているのか、自分自身と繰り返し対話していました。自分のことだけに時間が使えるって、すごく自由でもあり、同時に苦しくもあるんだな、と痛感しましたね。

JAL:日本では考えられなかったことを考えるきっかけになったんですね。

 

MIKIKO:海外に行くことの意味って、私にとってはまさにそれだった気がします。ルーティンの繰り返しで気づけなくなったことや、普段考える時間がないことを、気づいたり考えたりする。同じ場所に留まっていることで少しずつぼやけてしまった感覚を、一度外に出ることでリフレッシュする。いまも海外に行くと、その国の街や芸術に触れながら、その向こうに、自分が日本でやっていることやつくっているものを見ているという感覚があります。

ブロードウェイの真似ではなく「日本人がいちばん素敵に見える表現」を

 

JAL:MIKIKOさんにとって海外での経験は、あくまでも日本での仕事に活かすためのものなのですね。なぜ、日本で表現をすることにこだわるのでしょうか?

 

MIKIKO:日本人ならではの、見る目の厳しさってあると思うんです。技術に職人性を求めたり、海外の人以上に細かなところをよく見ている。日本基準でつくるほうが、純粋にハードルが高いなと思います。

でもそれ以上に、ニューヨークにいたときから「日本人がいちばん素敵に見える表現を見つけなくては」という使命感が、すごくありました。欧米人と日本人を比べたら、背丈はもちろん、何もかもが違うわけじゃないですか。そのなかで彼らと張り合って、ブロードウェイの舞台に立つことを夢見るのではなく、逆に、日本人ではないとできないものを日本でつくり出したいと思ったんです。

 

JAL:海外に行って、現地の文化に完全に染まってしまう人もいますが、MIKIKOさんの場合はそうではなかったのですね。

 

MIKIKO:ニューヨークにいたときは、いっそのこと染まってしまったほうが楽なんだろうな、と何回も思いました。でも私はやっぱりそこまで染まれず、そうならないと永住はできないんだろうなとも思って。だから多分、私の場合は、いまみたいなかたちで日本で仕事をするのがいちばん合っているんだと思います。

「これがいつもの私たちです」と涼しい顔でやってのけるのが日本の「粋」

 
JAL:日本のどのようなところが、ご自身と「合っている」と感じますか?

 
MIKIKO:日本ならではの細やかさや、気遣いがすごく好きですね。また私の仕事は、自分で動くのではなく人に動いてもらうことなので、たとえば5人グループに踊ってもらう場合、5人が集まったときの全体のムードがとても大事なんです。技術の高い子だけを5人集めてきて、私の思うように動いてもらうのではなく、特定の5人の関係性のなかでベストのものをつくりあげる。だから一つひとつの仕事に時間はかかりますが、それが面白いんです。

 
JAL:個人の良い部分を引き出しながら、それを全体として美しく見せるというのは、ある意味日本的なのかもしれないですね。

 
MIKIKO:この仕事をつづける限り、絶対に日本でやりたいと思っています。海外公演もありますが、機材や会場の関係で、日本での公演をコンパクトにまとめたものしか持っていけていないんです。だから日本でやっている完全な公演をぜひ見にきてほしい。そういう思いは、すごく強いですね。

 

JAL:2020年には、MIKIKOさんも開閉会式のプランニングチームに選出されている『東京オリンピック・パラリンピック』がありますね。

MIKIKOが演出チームの一員として手がけた『リオデジャネイロ2016オリンピック』の「フラッグハンドオーバーセレモニー」(©️Tokyo 2020)

MIKIKOが演出チームの一員として手がけた『リオデジャネイロ2016オリンピック』の「フラッグハンドオーバーセレモニー」(©️Tokyo 2020)

 

MIKIKO:そうですね。まだ議論を重ねている段階なのですが、『リオデジャネイロ2016オリンピック』の「フラッグハンドオーバーセレモニー」のときと同じように、変に海外向けを意識することなく、日本人が自信を持って、いまいちばんカッコいいといえるものを見せたいです。そしてそれを観客に押しつけるのではなく、「これがいつもの私たちです」と涼しい顔でやってのける。それが日本の「粋」だと思います。

MIKIKO

演出振付家。ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」主宰。Perfume、BABYMETALの振付・ライブ演出をはじめ、さまざまなMV・CM・舞台などの振付を行う。メディアアートのシーンでも国内外で評価が高く、新しいテクノロジーをエンターテイメントに昇華させる技術を持つ演出家として、ジャンルを超えたさまざまなクリエーターとのコラボレーションを行っている。

MIKIKO

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

国際線航空券を予約

ご利用案内

国際線航空券

海外ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ