ジェイク・シマブクロが語る、大切なホーム「ハワイ」の素の魅力
  • 海外

62

世界を駆け巡るウクレレ奏者に聞いた

ジェイク・シマブクロが語る、大切なホーム「ハワイ」の素の魅力

2019.03.29

ハワイを代表するウクレレアーティスト、ジェイク・シマブクロ氏。その卓越したウクレレテクニックで、ハワイはもちろん、アメリカ本土、日本をはじめとするアジア、ヨーロッパ、オーストラリアなど世界中で演奏活動を行う多忙な日々を送っている。

現在、仕事の関係で一年の半分はハワイ以外で過ごしているというジェイク。世界を旅しながら圧巻のパフォーマンスを繰り広げる彼のライフスタイルとは?そして、大切なふるさとであるハワイへの熱い思いや自身が感じるハワイの魅力、ローカルならではの楽しみ方などを、現地ハワイでたっぷり語ってもらった。

文:松本律子 写真:内田恒
撮影協力:ヒルトン・グランド・バケーションズ

1年の約半分はツアー(旅)の日々。だからこそ、「帰るべき場所」が大切。

OnTrip JAL編集部(以下、JAL):ジェイクさんは、ハワイ生まれハワイ育ちですが、現在はハワイ以外の場所で活動されることも多いそうですね。

 

ジェイク・シマブクロ(以下、ジェイク):最近は、ハワイにいるのは一年間の半分くらいです。半分は、コンサートツアーでアメリカ本土やヨーロッパ、アジアなどを回っています。レコーディングをテネシー州のナッシュビルにあるスタジオで行うことも多いですね。つい先日も、ナッシュビルのスタジオで新しいアルバムのレコーディングをしてきたところです。

ジェイク・シマブクロさん。

ジェイク・シマブクロさん。

ツアー中は、ほぼ連日いろいろな都市でコンサートが続くので、自分たち専用の大型バス(シャワーやベッドなどの宿泊施設も完備)で移動することが多いんです。寝ている間に次の会場近くまで移動できて、時間を有効に使えるのが魅力。もちろん、飛行機や車で移動してホテルに滞在しながら各都市をまわることもあって、そういうときはホテルの部屋でくつろいだりその街ならではの雰囲気を味わったりします。それぞれの場所で刺激を受けながら、各会場でいいパフォーマンスができるように調整しています。

JAL:コンサートツアーの間は、常に「旅」をし続けているということなんですね。

ジェイク:基本、そうですね。気の合うスタッフのみんなと旅をするのは刺激的です。いろんなミュージックとの出会いもあるし、その土地によってお客さんの反応も違うし。もちろん、その街ならではのおいしい物を食べたりするのも旅の醍醐味ですしね。

ツアー中、スタッフや共演アーティストと食事へ。こうしてリラックスする時間も大切。

ツアー中、スタッフや共演アーティストと食事へ。こうしてリラックスする時間も大切。

でも、長くハワイを離れていると、やっぱり恋しくなるんですよ。ハワイは僕にとっての特別な「ホーム」ですから。自分はここで生まれ育ったローカルだけど、半分近くハワイを離れるような生活をしていると、毎回帰ってくるたびに新鮮さを感じられるようなところがあって。どこから戻ってきても、ホノルルの空港で飛行機を降り、ハワイの空気を感じた瞬間に「ああ、帰ってきたなあ。ただいま!」って身体も心もじわーっとうれしくなるんです。

やさしい風景、美しい海、温かい人たちなど、目に見えないポジティブなエネルギーがぎゅっと詰まっているのが、僕にとってのハワイなんですよね。自分がこうありたいって思う状態に戻してくれる場所であり、リラックスした自分をそのまま受け入れてくれる場所。このスペシャルな場所が「ふるさと」であることは、とてもラッキーだと思っています。

自分が子どもの頃に体験したことを、息子たちにも繋げていきたい。

JAL:そんなスペシャルホームであるハワイでの過ごし方について、教えてもらえますか?

ジェイク:2人の息子たちと一緒に公園やお気に入りのビーチでのんびりしたり、魚釣りやハイキングをしたり。自分が子どもの頃に体験させてもらったことを、子どもたちにもたくさん体験させてあげたいと思っているので…。時間があるときは、海でダイビングやスピアフィッシングもします。

カピオラニ公園近くのカイマナ・ビーチにも子どもとよく行きますね。ここは、僕が小さかった頃、よく母が連れてきてくれた思い出のビーチなんですよ。最近はけっこう人が多いときもありますが、それでものんびりするには最高。すぐそばにヤシの木がたくさんある公園があって、ここでバーベキューを楽しむローカルファミリーもよく見かけます。

この日のインタビューはヒルトン・グランド・バケーションズの一室にて。ジェイクも家族とともに、ここで「ステイケーション」することもあるとか。

この日のインタビューはヒルトン・グランド・バケーションズの一室にて。ジェイクも家族とともに、ここで「ステイケーション」することもあるとか。

そうそう、オアフ島のなかでホテルに数泊する「ステイケーション」を楽しむこともありますよ。ローカルは、結構そうやって楽しむ人が多いんじゃないかな。家族や親戚一同でワイキキのホテルに泊まって、大きなプールで遊んで…。同じハワイにいても、自宅とホテルでは気分が違ってリフレッシュできる。子どもたちも旅行気分で楽しそうです。

ハワイ島、コハラコーストにあるハプナビーチはローカルにも人気の静かなビーチ。<br />
<br />

ハワイ島、コハラコーストにあるハプナビーチはローカルにも人気の静かなビーチ。

ハワイ島にもよく行きます。白砂のビーチが美しいハプナ・ビーチや、ワイコロアのアナエホオマル・ベイは大好きな場所です。

A-bay近くで。この日の獲物はUhu(ハワイ語でウフ=ブダイの一種)!

A-bay近くで。この日の獲物はUhu(ハワイ語でウフ=ブダイの一種)!

地元の人はここをA-Bayって呼ぶんですが、美しいビーチで魚釣りもできて最高。僕にとっては、魚がたくさんいるかどうかも、ビーチ選びの重要な決め手です(笑)。

ハワイの旬なレストラン情報は地元の友人のクチコミに頼るべし(笑)

JAL:ハワイの自然をアクティブに楽しむことが多いんですね。

ジェイク:あ、でも静かに過ごす時間も好きですよ。行きつけのカフェで本を読んだり曲作りをしたり。あとは、おいしい食事をみんなで食べるのも大好きです。最近おすすめのレストランは、ワイキキの創作和食『Zigu』、カイムキのヴィーガンレストラン『Vegan Hills』、モイリイリエリアの『Chiang Mai Thai Cuisine』など数え上げたらきりがないですね。最近は、ヘルシー志向のレストランもどんどん増えて、ハワイの食の進化が止まりません。注目のシェフが腕を振るう『MW Restaurant』や『Alan Wong’s Restaurant』などにもよく行きます。

2018年にオープンした『Zigu』はハワイ素材を活かした創作和食が大人気。

2018年にオープンした『Zigu』はハワイ素材を活かした創作和食が大人気。

デザートならアラモアナエリアの『Cake M』のケーキも美味しい。親戚の家に行く時の手土産や、ミーティングの差し入れには、ここのクリームパフ(シュークリーム)を持っていきます。ちなみに、ハワイを離れている間のニューレストラン情報は、地元の友人に教えてもらうことが多いですね。「あのレストラン、美味しいよ。もう行った?」っていろんな人が次々新しいお店を教えてくれるので、情報には事欠きません。クチコミって一番信用できるし(笑)、ありがたいですね。

自宅でステーキなどを焼いて家族や友人を招待することも多いかな。僕自身もクッキングは好きなので。料理上手かどうかは別として(笑)、いろいろなメニューに挑戦してます。もちろん、釣った魚を自分でさばくことも多いんです。新鮮な魚介は、最高ですよ。

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国際線航空券を予約

ご利用案内

国際線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

海外ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ