網走・ご当地グルメ2泊3日の旅

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

こんにちは、はんつ遠藤です。 僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。 そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。 題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は網走編。網走市へ2泊3日で行ってきました。ご存じ、北海道の北東部、オホーツク海に面した、網走。仕事でもプライベートでも年に何回も伺う北海道。大自然があり、空が広く感じられてとても素晴らしい地です。ですが、網走は、実は超久しぶり。正直なところ、グルメのイメージが全然無かったので、伺ってびっくり!今回は、スイーツなどもありますが、特に夜メインの居酒屋さん巡り的な感じで回ってみました。海産物の美味しさに驚きです!さて、今回も旅が始まります。

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

1軒目

3階まである堂々たる寿司割烹でランチ寿司

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 網走市内に一際目立つ3階建て。家紋と「花のれん」の文字が映える、寿司割烹店です。

  • ご主人の堀口敏幸さん。店内は1階にカウンターと小上がり、テーブル席など。2、3階には、大小様々なお座敷があります。

  • ランチタイムは特にお得なメニューがたくさん。天ぷらとお刺身、蕎麦のセットをいただきました。

  • えびや野菜の天ぷらも、王道の味わい。サクサクとした衣も素敵です。

  • 蕎麦は斜里町の蕎麦粉を使用したものだそう。風味がよくてしっかりとした味わい。

網走市内に一際目立つ3階建て。家紋と「花のれん」の文字が映える、寿司割烹店です。ご主人の堀口敏幸さんは、お父様が教師だった関係で、北見や紋別などに住み、中学3年の時に網走へ越してきたそう。「でも、歴史に興味があったので、京都の大学へ進学したんです」と堀口さん。ちょうど時代が学生闘争の頃だったので、1年で帰ってきて、飲食店の道へ入ったとか。ランチタイムは特にお得なメニューがたくさん。天ぷらとお刺身、蕎麦のセットをいただきました。まぐろやホタテ、えび、いくらなどの海産物に北海道の良さを感じますね。甘えびは、南蛮海老という種類で、もちろん地元で採れたもの。ホタテなどももちろん地元だそう。ちなみに堀口さんは2011年の東日本大震災の時に、日常の大切さ、ありがたみを身に染みて、市長に掛け合って30人ほどで炊き出しに伺ったそう。「地元の方も、旅行の方も大切なお客様です」と、照れ笑いする堀口さん。

DATA

鮨かっぽう 花のれん

住所 北海道網走市南5条東2丁目
電話 0152-44-7576
営業 11:00~14:30(14:00L.O.)、17:00~21:00(20:30L.O.)
定休日 無休(正月3が日のみ休み)
料金 天ぷらと刺身、そばのセット1,080円

ちなみに日本酒は根室の「北の勝」がオススメだそう。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

2軒目

様々な雰囲気を持つ店内&地元魚介が映える定番~創作一品料理など

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 網走の夜の街に、ハワイを彷彿とさせるような外観が輝いています。

  • こじんまりとしているのかな、と思いきや、「隣もあるんですよ」と案内してくださいました。おお、なんだかムーディーな個室あり。

  • 天麩羅も種類豊富です。例えば海老、アスパラ、なすなど。アルコールもワインあり、日本酒あり、と幅広し。

  • お刺身も各種あり。その時により旬の海産物を提供。今回は銀ガレイ、サンマ、ボラ、天然のわらさ、北寄貝、サーモンなど。

  • 魚介中心のラインナップですが、“和”のみでは、ありません。たとえば時期限定ですが、サンマのアクアパッツァ。

網走の夜の街に、ハワイを彷彿とさせるような外観が輝いています。店内に入れば、トロピカルな雰囲気と和が一体化したようなカウンターやテーブル席が。こじんまりとしているのかな、と思いきや、「隣もあるんですよ」と案内してくださいました。おお、なんだか、ムーディーな個室あり。さらに「2階も見ますか?」と仰るので、見に行けば、まるで金沢のような朱を基調とした和室が。凄いです。ここまで違う顔を持った1軒は、なかなかありませんね。四季折々の旬の海産物を使い、素材の味を損なわない手法で提供なさっています。特に創作一品料理が得意なんだとか。オホーツクの海産物の良さが前面に出ています。お刺身も各種あり。その時により旬の海産物を提供なさっているので、内容は変わります。今回は銀ガレイ、サンマ、ボラ、天然のわらさ、北寄貝、サーモンなど。わさびの他に山わさびを醤油で味付けしたものもあり、貝にぴったりなんだとか。

DATA

SaWa (さわ)

住所 北海道網走市南3条東1丁目
電話 0152-43-2645
営業 17:30~翌1:00
定休日 日曜日
料金 アスティカ カルベネソーヴィニヨン グラス390円・ボトル2200円、真澄 ハーフ350円・一合700円、お刺身 銀がれい880円、ぼら580円、天然のわらさ780円など(時期により価格変動あり)、天麩羅 海老270円、アスパラ330円、なす330円など

店内も料理も、様々な方向性で、個性炸裂な1軒なのです。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

3軒目

素敵な雰囲気が美味しさに拍車をかける

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • カウンター前の鮮魚のショーケースが見事です。その日に届いた新鮮な魚たちがずらりと並んでいます。

  • 網走の日本酒である君が袖や、増毛町の国稀鬼ころしなどのほか、網走の友好都市・山形県天童市の出羽桜も各種揃っています。

  • 「くじらづくし」赤身、うね須(脂身)、はつ、鹿の子(あご)、さえずり(舌)といった部位のお刺身が味わえます。

  • 鯨料理は刺身だけではありません。 串カツも! なかなか鯨の串カツは、今はお目にかかることが少なくなりました。貴重です。

  • さすが北海道の良さが前面に出たような、ほっけの開き。網走の能取湖産の青つぶ焼きもオススメです。

網走には炉端焼きのような焼き物を提供する店舗もあります。こちら『喜八』も、その1軒。2012年発行のミシュランガイド北海道でビブグルマンを獲得した店舗で、店内は照明を落とした大人の雰囲気。網走には『THE EARTH(ジアス)』という有名なオーセンティックバーがあります。こちらは、その系列店。そんな真面目さが日本酒にも表れていますね。網走の日本酒である君が袖や、増毛町の国稀鬼ころしなどのほか、出羽桜も各種揃っています。ふとメニューを拝見すると鯨料理も名物。刺身だけではなく、串カツも味わえます!鯨の串カツは、今はお目にかかることが少なくなりました。貴重です。もうひとつのオススメは、炉端焼き。ほっけの開きとか、青つぶ焼きとか。暫し拝見していると、そのうち香ばしき匂いと共に、煙が立ち上ります。さすが北海道の良さが前面に出たような、ほっけの開きでした。

DATA

酒菜亭 喜八 (きはち)

住所 北海道網走市 南4条西3丁目7-1
電話 0152-43-8108
営業 17:00~23:00(22:30L.O.)
定休日 不定休
料金 君が袖620円、国稀鬼ころし620円、くじらづくし2,200円、鯨串カツ(2本)780円、ほっけ開き1,280円、青つぶ焼き780円

網走産カラスハモの照り焼きなどほかにも、食材豊富。さすがビブグルマンに選ばれた1軒です。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

4軒目

冬でも大評判の、種類豊富なジェラート

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 網走駅から南方へ約9km。JR石北本線の呼人駅近くにある本格ジェラート屋さん『リスの森』。

  • 時期ごとにラインナップは違いますが、スペシャリテのMagicoやアールグレイ、抹茶、かぼちゃなど60種類くらいあるとか。

  • 『リスの森』は、時々、全国の百貨店での催事にも出店中。Webサイトでは、通販もなさっています。

  • 美味しさの秘密は、なんといっても、まずはベースとなる牛乳の良さが挙げられます。フレーバーの良さも卓越しています。

  • コーンタイプ、カップタイプがありますので、ぜひお好みで。僕としてはダブルがオススメ。いろんな組み合わせが楽しめます。

『リスの森』にはさまざまなタイプのジェラートが、彩り豊かに揃っています。時期ごとにラインナップは違いますが、スペシャリテのMagicoやアールグレイ、抹茶、かぼちゃなど60種類くらいあるとか。美味しさの秘密は、なんといっても、まずはベースとなる牛乳の良さが挙げられます。網走産100%のホルスタイン牛乳だけでなく、濃厚でコクのあるジャージー牛乳も合わせています。そこに生クリームと複数の糖をブレンドして、なめらかさと口あたりを醸し出します。さらに、こうしてできたジェラートは、フレーバーの良さも卓越しています。かぼちゃも網走産、メロンも富良野の生メロン使用など、地元の野菜や果物など素材にもこだわっています。合わせる糖だって、グラニュ糖やオリゴ糖、和三盆など約10種類。フレーバーにより組み合わせて最適な風味を創出しています。ちなみに敷地内のお隣の建物では、スープor前菜、お好きなPIZZA、ジェラートダブル、ホットコーヒーの「イタリア人の休日セット(1150円)も提供中です。

DATA

リスの森

住所 北海道網走市字呼人418
電話 0152-48-3053
営業 10:00~18:00(夏季最長)、10:00~16:00(冬季最短)
定休日 不定休(冬季は水曜日定休)
料金 ジェラートダブル420円

『リスの森』の美味しさは格別です。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

5軒目

全国の日本酒を飲みながら、熱々の炭火焼や鍋を堪能

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店内は、カウンター席、1階小上がり席、2階小上がり席があり、計110名程収容できるそう。

  • ご主人は細江光男さん。お店を構えて、もう20数年のベテランです。

  • 日本酒のラインナップも凄い。地元・網走の「君が袖」、栃木・「鳳凰美田 出羽高畠 亀の尾 純米吟醸」、静岡「磯自慢 本醸造」。

  • 「海賊焼」。ホタテがジュワーっと!美味しい!もう、たまりません。仙鳳趾(せんぽうし)産のカキや網走産の北寄貝も!

  • 「網走モヨロ鍋」。オホーツクサーモンやキンキ、カニ、つみれ(すり身)、網走産アサリなど。網走は、すり身発祥の地なんだそう。

網走駅から徒歩約15分。夜の繁華街に鮮やかなネオンの看板が輝いています。『居酒屋 和助』。オホーツク海から、その日に水揚げされる新鮮な魚介類を紀州備長炭で焼き、提供しています。ご主人は細江光男さん。お店を構えて、もう20数年のベテランです。こちらは日本酒のラインナップも凄いです。60種類。全国から厳選。おお、埼玉の「神亀」が網走で飲めるとは思いませんでした!さて、料理ですが、のっけからドカンと、凄いものが!「海賊焼」です。アブラガニ(本タラバの時も)、ホタテ、かき、青つぶ、こまい、ししゃも、北寄(ほっき)貝、その他野菜など。自分で焼くのもまた楽しいですね!だんだん香ばしき匂いが立ち込めてきます。さらに「網走モヨロ鍋」。なんでも、網走には古代遺跡があり、モヨロ人という先住民族がいたそう。彼らは約千年前に姿を消したそうですが、おそらく海の幸、山の幸を堪能していたと思われています。そんなロマンが詰まった鍋。網走のご当地グルメです。

DATA

居酒屋 和助

住所 北海道網走市南5条西1丁目6番地
電話 0152-43-4951
営業 17:00~23:30(23:00L.O.)
定休日 日曜、他不定休
料金 君が袖 720ml4,200円、鳳凰美田 出羽高畠 亀の尾 純米吟醸 1合800円、磯自慢 本醸造 1合680円、海賊焼4,200円、網走モヨロ鍋1人前1,800円(写真は2人前)(要予約)

熱々の食材を、これでもか、といただきました!おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

6軒目

ウニ漁の船も飾られた店内で、炉端焼きを楽しむ

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店内には大きな船が飾られていて、びっくり。伺えば、昭和30年代に礼文島のウニ漁に使われていた船なんだとか。

  • 富永典代さんと息子さんが、切り盛りなさっています。

  • ほっけ、いばらがに。焼き台が深いタイプ。炭火を使用して、いわゆる遠赤外線効果で、じっくりと焼いて行くスタイル。

  • 焼きがに、完成です!ちなみにお皿は網走刑務所の受刑者による作品。熱々ですが、中がややレア的で、鮮度の良さが伺えます。

  • ほっけも完成。熱いので、ハフハフ言いながら。お店はもう20年なんだそう。こちらへ移転してきてからは6年くらい。

地元・網走などで獲れた蟹や魚を炭の炉で焼き、家庭的な雰囲気の中でおひとりでもお仲間とでも気軽に楽しく味わえる炉端料理店『五十集屋』(いさばや)。店内には大きな船が飾られていて、びっくり。伺えば、昭和30年代に礼文島のウニ漁に使われていた船なんだとか。こちらは、富永典代さんと、息子さんで、切り盛りなさっています。カウンター前の炉端で、富永さんが焼いてくださいます。ほっけ、いばらがに。焼き台が深いタイプ。炭火を使用して、いわゆる遠赤外線効果で、じっくりと焼いて行くスタイル。たとえば、焼きがには、熱々ですが、中がややレア的で、鮮度の良さが伺える一品。味付けはそのままなので、海水の風味も活きています。このほか、熱々のほっけをハフハフ言いながら味わうのもオススメです!

DATA

五十集屋 (いさばや)

住所 北海道網走市南5条西1丁目 太陽ビル1F
電話 0152-43-1011
営業 18:00~23:00(料理22:00L.O.、飲物22:30L.O.)
定休日 不定休
料金 燗酒 800円、いばらがに1本1,700円(写真は2本)、ほっけ 1,300円

店内の雰囲気も和風で、料理にぴったり。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

7軒目

隠れ家のような森のケーキ店は、いつも大盛況

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 呼人駅周辺は緑も多く、自然豊かな雰囲気が漂っています。『cafe&cake 風花』は、森の中の隠れ家的な一軒家。

  • 店内には約20種類のケーキがディスプレイに。種類は決して多くないですが、こだわりの一品が勢揃い。

  • オーナーパティシエの西山雄一郎さん。2008年に網走で創業しました。

  • ケーキのイチオシは「純生ロール」。カットサイズもあります。ふわっとした生地の良さが、見るだけで伝わってきます。

  • 「プリン」も大評判です。網走牛乳と地元の卵を使用したプリンは、滑らかな味わいと自然な甘みがGOOD!

商業ビルが立ち並ぶ網走駅周辺に比べて、呼人駅周辺は緑も多く、自然豊かな雰囲気が漂っています。『cafe&cake 風花』も、その1軒。森の中の隠れ家的な1軒家。オーナーパティシエの西山雄一郎さんは、東京の製菓学校を卒業後、大手ベーカリーの菓子部門に就職。友人が女満別の無添加パン店『ブランジェアンジュ』を開店する際に北海道へ来て、一緒に立ち上げ、その後、北見の『ラ・ナチュレーブ』を経て、2008年に網走で創業しました。店内には約20種類のケーキがディスプレイに。種類は決して多くないですが、こだわりの一品が勢揃い。ケーキのイチオシは「純生ロール」。ふわっとした生地の良さが、見るだけで伝わってきます。北海道ならではの生クリームの良さも光りますね! ほかに、焼菓子などもラインナップ。可愛い箱などにも優しさが溢れています。店内にはちょっとしたイートインスペースもあったりと、ゆったりとした空気が流れています。

DATA

Cafe&cake 風花

住所 北海道網走市字呼人121番7
電話 0152-48-2006
営業 10:00~19:00
定休日 水曜日
料金 純生ロール290円、プリン280円

あまりの人気ぶりに、拡張スペースを建築中。これからも楽しみな洋菓子店です。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

8軒目

網走一の老舗居酒屋は優しさも溢れる

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 網走には約30軒の居酒屋さんがありますが、その中でも一番古くから続いているといわれているのが『富士』です。

  • ご主人の阿保浩さんと奥様、そしてスタッフの方で切り盛り。店内はカウンターや小上がりがあります。

  • 実は、網走市は沖縄の糸満市と姉妹都市になっているそう。そんな繋がりで、「残波」「海乃邦」など、沖縄の泡盛もいただけます。

  • 1番人気の商品は「オホーツク焼魚セット」オホーツク海で採れた9種類の魚の、焼魚セットです。一人じゃ食べきれないほどです!

  • 北海道ならではの「いくら丼」も名物。実は午後4時半~7時までは、300円メニューというものも豊富にあり、大評判。

網走には約30軒の居酒屋さんがありますが、その中でも一番古くから続いているといわれているのが『富士』です。創業は約半世紀前。そう聞くと、老舗で格式高くて入りづらいイメージを持たれるかもしれませんが、実は真逆。優しさと安さでも定評がある、人気店です。ご主人の阿保浩さんと奥様、そしてスタッフの方で切り盛り。「夕方の午後4時半から営業していますので、女満別空港から羽田空港へ向かう最終便にも間に合いますよ」と、阿保さんが笑います。1番人気の商品は「オホーツク焼魚セット」オホーツク海で採れた9種類の魚の、焼魚セットです。ほっけ、オホーツクサーモン、ニシン、銀がれい、たら、なめたがれい、めんめ(きんき)、いか一夜干し、カラフト鱒(ます)。また、北海道ならではの「いくら丼」も名物。いくら丼は全国で味わえますが、やはり、本場の北海道でいただくと、また格別です。

DATA

郷土料理 富士

住所 北海道網走市南4条西1丁目
電話 0152-44-7635
営業 16:30~24:00
定休日 第2・4日曜日、他不定休
料金 残波 グラス400円、海乃邦 グラス650円、オホーツク焼魚セット2,800円、いくら丼ミニ750円 (価格は税別です)

本当に老舗なのに優しくてリーズナブルな1軒なのでした。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

9軒目

和モダンの隠れ家的創作料理店で、鮨Dining

  • べストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • カウンターをはじめ、インテリアの異なるボックス席、大広間までそろい、家族やカップルにもくつろげる空間が広がっています。

  • 料理は新鮮な網走産、オホーツク産のネタがそろう寿司のほか、創作メニューも多彩。アルコール類も充実しています。

  • お刺身は旬の海産物を用いていますので、都度、変わりますが、この日は幻のぶどうえびの他、真鯛や生サンマ、北寄貝、つぶ貝など。

  • 生タラバガニも見ただけで美味しさが伝わってきます。

  • 網走産の釣キンキのひらきも。

温故知新的な要素を大切にした 『 鮨Dining KIYOMASA』は、ネオジャパニスク調の和モダンの隠れ家的創作料理店。お客様の「満足」と食の「感動」をもとめて飲食事業や不動産事業を展開する、清和グループの1軒。他にも『鮨ダイニング 月』『回転寿司ビッグ・サン』なども手掛けています。店内は、一人でもくつろげるカウンターをはじめ、インテリアの異なるボックス席、大広間までそろい、家族やカップルにもくつろげる空間が広がっています。アルコール類も充実しています。地元・網走の「君の袖」や、入手困難と言われる秋田・新政酒造の「No.6」などもラインナップ。その他、全国のこだわりの日本酒や焼酎なども。料理は新鮮な網走産、オホーツク産のネタがそろう寿司のほか、創作メニューも多彩。鮨は1貫から注文できます。たとえば、紋別のボタン海老、根室の生サンマ、道東のクロゾイ。お得な「旬のおまかせ8貫セット」などもあります。お刺身も鮮度が良く、活き活きとしています!

DATA

鮨Dining KIYOMASA

住所 北海道網走市南3条西2丁目
電話 0152-61-0003
営業 17:00~24:00(FOOD23:15L.O.、DRINK23:30L.O.)
定休日 火曜日
料金 君の袖 150cc580円、No.6 150cc850円、握り鮨 ボタンえび 440円ほか、お刺身 三種1,180円ほか、 網走産 釣キンキのひらき 5,500円(時価) ほか

珍味、焼き物、揚げ物などの逸品料理も充実。ひとりでもカップルでも大人数でも楽しめる素敵な“鮨Dining”なのです。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

番外編

オホーツクのこだわり特産品を扱う「網走番屋」がオープン!

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 2015年4月23日にグランドオープンした、『オホーツクマルク 網走番屋』へと向かいました。

  • 「こぐまのいちご ラングドシャ」。クッキー生地にいちごを用いています。ほんのりとピンク色で、いちごの風味もわりと強め。

  • 「ビート糖」。この商品は、北海道ビート黒糖株式会社のもの。日本初のビート黒糖なのだとか。

  • 「美幌豚醤まるまんま」。通常、醤油は大豆から作りますね。魚を用いたものは魚醤と呼ばれます。でも、これは原料が、豚です!

  • もし時間があれば、隣の建物『流氷硝子館』も、ぜひ。こちらはガラス製品の製作体験や販売をなさっている館ですがオススメです。

さて、番外編。 今回は2015年4月23日にグランドオープンした、『オホーツクマルク 網走番屋』へと向かいました。店内は海産物に定評のある『増田水産 北の浜市』、特産の活カニを扱う海鮮問屋『今野商店』、『札幌山嵐分家北見総本家』の姉妹店『麺屋 海嵐』、そして奥に地元食材を使用したレストラン『炭火キッチン 炉端のろばた』、オホーツクの様々な特産品が揃ったショップ『オホロコマ』が、あります。その中から『オホロコマ』へ。オホーツク・ローカル・マーケットを短縮した形の店名。店舗はオホーツク海に面していて、雄大な海が広がっています。店内には、オホーツクならではの特産品がずらりと並び、目移り必至です。たとえば「こぐまのいちご ラングドシャ」は、可愛らしい赤いパッケージとこぐまのイラストで、若い人にも人気な一品です。このほか「ビート糖」や「美幌豚醤まるまんま」などもオススメ!さらに隣のレストラン『炭火キッチン 炉端のろばた』では、網走湾や知床近海で採れた海の幸などを使用した定食などが味わえます。

DATA

オホーツク マルク 網走番屋

住所 北海道網走市南4条東6丁目8-2
電話 0152-67-9102
営業 9:00~18:00(飲食は11:00~15:00、17:00~20:00)
定休日 水曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金 こぐまのいちご ラングドシャ648円、ビート糖648円、美幌豚醤まるまんま 120g905円

『網走番屋』には地元の様々な特産品が。何時間いても楽しめちゃう本物のラインナップで、ワクワクします。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

全体マップ

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

北海道の人気記事ランキング

2泊3日500キロ!JRで行く北海道周遊の旅

ねこねこパワースポット

函館

札幌・小樽 ご当地グルメ2泊3日の旅

函館・ご当地グルメ2泊3日の旅

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ