福岡県でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ
  • 国内

11

一度はいってみたい おいしいニッポン! ご当地グルメの旅

福岡県でご当地グルメを堪能。はんつ遠藤さんが2泊3日グルメの旅へ

2019.10.23

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

今回は福岡へ2泊3日で行ってきました!

今回は福岡へ2泊3日で行ってきました!

こんにちは、はんつ遠藤です。
僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。

題して・・・
JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!

今回は福岡編。福智町、川崎町、北九州市、飯塚市、そして福岡市へ2泊3日で行ってきました!
福岡県も広いですね。面積的には47都道府県の29位ですが、福岡空港と北九州空港の2空港あり、大都市的にも福岡、久留米、小倉が。そしてJALと包括連携協定を締結している福智町などもあり、都会&自然の素晴らしさが随所に。
さて、今回も旅が始まります(^^)

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

1軒目

福智町の隠れ家的一軒家で、ランチのパスタコース

  • オードブル盛り合わせからパン、パスタ、メインディッシュ、デザート、ドリンクも付くパスタコース

  • 福智町の中でも県道沿いなどではなく、まさに隠れ家的な立地。自然豊かな地にポツンと佇む一軒家

  • オーナーシェフの皆川典顕さんが、奥様&スタッフと切り盛り

  • 新鮮なサラダやスープのほか、玉子焼きなど様々な料理がワンプレートに載った、オードブル盛り合わせ

  • パスタは3種類の中からセレクト。今回は和風バージョンの“キャベツとチキンの和風パスタ”

  • 料理は全て常に変わっていく。今回のメインは三元豚のミートローフと、チキンのトマト煮込みなど

福智町とJALは町の活性化などに関し相互に連携協力していく包括連携協定を締結しています。その地に佇むフレンチ&パスタレストラン。オーナーシェフの皆川典顕さんは、大学でコンピューターを専攻した後、ホテルのレストランで研鑽を積んだという異色の経歴を持ちます。そして奥様やスタッフと共にレストランを1998年にオープン。緑豊かな地にポツンと佇む一軒家で、ゆったりとした雰囲気に包まれています。イチオシはランチタイムに9割出るという「パスタコース」。オーダーすれば、オードブル盛り合わせとパンが登場。この時点で料理への情熱を感じます。次に3種類(オイル系、和風、クリーム系)からセレクトできるパスタが。こちらはイタリア産乾麺だそう。そして本日のメインディッシュ。さらにデザートとドリンク。1500円にも関わらず、種類の豊富さとボリュームにびっくりなコース。ディナーは2500円~(アラカルトもあり)。「できる限り、季節の野菜を使用したい」というこだわりも素敵ですね~。そんな素晴らしさもあって、大評判。伺う際には席のみでも良いので予約を推奨します!

DATA

Bistrot De Minagawa  (ビストロ みな川)

住所 福岡県田川郡福智町弁城2219-14
電話 0947-22-5949
営業 11:30~15:00(14:00L.O) 17:30~21:00(19:30L.O)
定休日 火曜日
料金 パスタコース 1500円(税別)

料理一つ一つの真面目さに、丁寧な仕込みも感じました。美味しかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

2軒目

福智町の実家に戻り、炭火焼のステーキなどを提供

  • 薪香るステーキ 225g 3490円(税別) 炭火と杉の木に染みたウィスキーの香りがステーキをさらに昇華

  • まさに田畑や自然に囲まれた平屋建ては、福智町の中でも最高レベルの隠れ家的レストランだ

  • カウンター8席のみの店舗ゆえ、料理はもちろんのこと、葛原さんとの楽しい会話もまた一興だ

  • 「約40年ぶりに故郷に帰ってきた」と笑う葛原さん。長年のハンバーグ&ステーキの腕が福智町で活きる

  • ステーキは、敢えてレアで上げて、木の温もりで仕上げるため、ビーフ本来の旨みが凝縮している

  • まずは一人分ずつ釜炊きごはんが登場。ステーキが焼きあがる頃に、ごはんも完成。炊き立て風味も格別

カーナビに住所を入れて途中の看板を頼りに走っても不安になるほど、まさに超隠れ家。それが「炭火・鉄板焼 ステーキ&ハンバーグ くずはら」。「実家なんですよ」と笑うのは、オーナーシェフの葛原辰夫さん。とはいえ、ずっとこちらで営んできたわけではなく、小倉で長年、店を構えていたそう。そして戻って改装してカウンター8席のみの小さなお店に。イチオシの「薪香るステーキ」を頂きました。驚いたのは、まず杉の木を割り、炭火の上でウィスキーを染み込ませるのです。その後、木を外して牛肉の塊を炭火で焼き、鉄板で切り分けた後に、さきほどの杉の木に載せて、今度は蒸し焼きにして、暫くしたら完成です。なので、ステーキを口に含めば、ほんのりとしたウィスキーの風味と優しい燻製的な香りがふわっと鼻から抜けていきます。表面にガーリックコンフィを塗れば、さらに上質な味わい。燻製塩か柚子胡椒、自家製玉ねぎソースも、ぴったりです。そして美味なのが、目の前で作られる釜炊きごはん。艶やかなごはんにびっくり。他にも鹿児島産黒毛和牛を用いたハンバーグや、ハンバーグ&国産ヒレステーキの御膳なども。なにぶん8席のみゆえ、予約優先です。

DATA

炭火・鉄板焼 ステーキ&ハンバーグ くずはら

住所 福岡県田川郡福智町弁城1617-1
電話 0947-23-2939(予約優先)
営業 昼1部11:30~13:30 昼2部13:30~15:30 夜1部17:30~19:30 夜2部19:30~21:30
定休日 水曜日
料金 薪香るステーキ ハーフ225g 3490円(税別)

料理が完成する工程を目の当たりにしつつ、葛原さんとの会話も楽しめる。美味しかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

3軒目

小倉駅徒歩約3分の創作やきとり専門バル

  • 創作やきとり串であるフュージョンセットのほか、豚バラや名物つくねなど定番の串も大評判だ

  • 一見するとヨーロッパ的なバルだが、やきとり専門、しかも日本酒押しという珍しきスタイルで話題沸騰中

  • 日本酒は約35種類(定番&限定あり)。日本酒6種の飲み比べセットもあり、さまざまな味を堪能できる

  • 太田耕輔さんは横浜の出身。武蔵小杉の名店『とさかーな』で長年腕を揮い、縁あって小倉に来たそう

  • フュージョンセット。ハニーマスタードやジェノベーゼ、サルサ、金山寺わさびの載ったかしわと手羽先

  • 豚バラと名物つくね、ハツタレ焼き、レバ塩ごま油。炭火で香ばしさと鮮度を活かした焼き具合が絶妙

JR小倉駅から徒歩約3分。一見するとバルと思うじゃないですか。実は小倉には少ない“やきとりを専門としたバル”なのです。店内も木を基調としたお洒落な内装で、外観は気軽に入れるオープンスタイルで、入り口付近が角打ち(立食)スタイル、奥にはテーブル席が広がっています。アルコールも種類豊富ですが、特に力を入れているのが日本酒!定番からその時のものまで様々で、一度に6種類が楽しめる飲み比べセットなどもあります。そしてやきとりですが、定番はもちろんのこと、ぜひ味わいたいのが、手羽先に創作かしわハニーマスタード、ジェノベーゼなどの盛り合わせの「フュージョンセット」。それぞれ斬新なソースの味わいでやきとりの新たな可能性をも感じます。もちろん、定番の鹿児島白豚を使用した豚バラとか、親鶏の粗挽きと若鶏のミンチを合わせて17~8種類のスパイスで仕上げた名物つくねも美味。その他、ハツタレ焼やレバ塩ごま油などもぜひオーダーしたい一品です。塩味も良いですが、タレも九州ならではの甘めの仕上がりでGOOD。焼き師は、弟子を多く創出した“焼台歴12年”の焼き鳥シェフである太田耕輔さんです。

DATA

Gill&co. (ジル アンド コー)

住所 福岡県北九州市小倉北区魚町1-6-4
電話 093-967-0248
営業 16:00(土、日15:00)~24:00(23:00FOOD L.O、23:30DRINK L.O)
日~23:00(22:00FOOD L.O、22:30DRINK L.O)
定休日 不定休
料金 日本酒飲み比べセット 880円(税込)
フュージョンセット 1080円(税込)
豚バラ 180円(税込)
名物つくね 220円(税込)
ハツタレ焼 200円(税込)
レバ塩ごま油 200円(税込)

まさに、やきとり業界の進化系がここに! 美味しかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

4軒目

川崎町の果樹園で地元旬野菜中心のランチバイキング

  • 人気の定番から今月の旬、オススメ、、パスタ、ピザ、サラダ、パン、デザート、ドリンクなどがずらり

  • 園内にはレストランのほかカフェ、パンやお菓子などの販売所、果物狩り、コテージなども併設

  • 「IKURI」のパン&お菓子は白ぶどう種などの発酵酵母や福岡県産中心の国産小麦、地元野菜や果物を使用

  • 自家製の味噌漬け豆腐のオリーブオイル漬けやハーブ塩麹、ピリ辛もろみなどは、店舗や通販で販売も

  • 料理ごとに創作的味わい。素材へのこだわり、手作り、旬を楽しむ月替わりメニューで、リピート必至

  • 「東京の大学を卒業した後、小倉の百貨店で数年間サービスを学んだ経験も活きてます」と杉本利雄さん

川崎町の大ヶ原の山を分け入った先に、『ラピュタファーム』は、あります。運営なさっているのは杉本利雄さん。両親が営んでいる果樹園の中に、観光農園を作ったのが最初だそう。今では自然いっぱいの癒し空間で、美味しいランチバイキングが味わえると大評判です。クルマを停めて、お店へと向かえば、店内には数十種類の手作り料理が、ずらり。モロミのクリームパスタなどのパスタ系から果樹園の梨カレーなど定番のほかに、今月のピザや月替わりの料理がたくさん並んでいます。料理は牛・豚・鶏もゼロではないものの、ほぼ野菜や穀物で構成させています。というのもコンセプトが「旬の野菜を使用した創作的料理」というもの。なるほど!と思う一品ばかりで、レシピも提供なさっているそう。そんな食材は8割が地元で、直売所に直接に杉本さんが買い付けに行くのだとか。他にもたとえば揚げ物類は福岡の平田産業の昔ながらの圧搾法による無添加の菜種油を使用したり、パンは園内の『IKURI』で、白ぶどう種や巨峰種などの発酵酵母や福岡県産を中心とした国産小麦を用いて作られていたり。調味料・卵・豆腐などは筑豊で食の安心や健康を大事にする仲間から購入するなど真面目さが光ります。

DATA

ラピュタファーム

住所 福岡県田川郡川崎町大ヶ原
電話 0947-47-4000 (予約優先)
営業 11:30~14:45(土日祝~15:45) (80分制) 受付は10:30~13:30(土日祝~14:30)
定休日 月曜、木曜日(祝祭日は営業し翌日振替休、木曜日は振替休なし)
ショップ&カフェは10:00~16:00
夜の貸し切りバイキングや、外でBBQも予約で受付
料金 ランチバイキング料金
・大人(中学生以上)1,890円(税別)
・シルバー(70歳以上)1,780円(税別)
・ゴールド(85歳以上)1580円(税別)
・子供(小学生)1180円(税別)
・幼児(4・5・6才)780円(税別)
・幼児(2・3才)480円(税別)

健康的で素晴らしい料理がふんだんに! 美味しかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

5軒目

小倉駅至近で創業以来60余年、変わらぬ人気を誇る

  • リーズナブルで種類豊富なのも嬉しい。しかも相変わらず30数年間、値上げしていないというから敬服

  • 昭和的だが清潔感があり、古さを感じさせない2階の掘りごたつスタイルのお座敷。広々した雰囲気もいい

  • 新作の「ごま鯖」。福岡では定番の料理が、ついに『武蔵』にも登場。鯖の鮮度の良さが全面に出た一品

  • お得な「串カツ」。左手で串を持ち、右手の箸で支えながら食べられるようにと、串が左を向いている

  • 「真ふぐのカマ唐揚」。カマなのでリースナブルというが、それでも400円は超お値打ちだ

  • 「刺身盛り合わせ」地元や旬の良さが。はまち、甘えび、みずいかなど。地元の甘めな醤油に小倉を感じる

JR小倉駅にほど近い魚町の銀天街にある『酒房 武蔵』。1953年の創業当時から殆ど変わらぬ外観&店内で、60余年もファンを魅了し続けています。1階のカウンターも良いですが、2階の掘りごたつスタイルのお座敷も、昭和の空気そのものといった風情を残し、それでいて古さを感じさせない接客&料理が見事です。伺うのは当企画でも2回め。約5年ぶりに訪問しましたが、時の経過を感じさせないのも老舗の凄さです。まずはお酒を。今回は純米酒の「九州菊」(くすぎく)にしました。屋号の入ったマスが良いですね~。そして料理メニューを拝見すれば、相変わらず種類豊富で、リーズナブルで敬服します。と思ったら、以前には無かった「ごま鯖」が。さっそくオーダーすれば、サッと特製ダレにくぐらせた新鮮な生鯖の良さが全面に出たごま鯖が登場しました。と共に、やっぱり「串カツ」は外せませんね。250円でこのボリュームで大丈夫なのでしょうか?小倉名物の、糠みそを煮付けのだし汁として、新鮮な鰯を炊いた「じんだ煮」も酒の肴にぴったりです。他にも「真ふぐのカマ唐揚」もふぐが採れる地ならではの良さを物語っています。そして鮮度抜群の「刺身盛り合せ」。もう、たまりません!

DATA

酒房 武蔵 (しゅぼう むさし)

住所 福岡県北九州市小倉北区魚町1-2-20
電話 093-531-0634
営業 16:30~22:30(21:45L.O)
定休日 日曜、祝日
料金 純米酒 九州菊 一合 600円(税別)
ごま鯖 450円(税別)
じんだ煮(小倉名物) 400円(税別)
串カツ 250円(税別)
真ふぐのカマ唐揚 400円(税別)
刺身盛り合せ 1000円(税別)

毎日でも寄りたくなる雰囲気に溢れています。美味しかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

6軒目

小倉で人気のスペイン料理&バル

  • 「ニュージーランド産ラムチョップのグリル」ニュージーランドから一度も冷凍されずに届く最高品質

  • 開放感あふれる1階や、4名までのソファや14名まで対応できる個室のある2階

  • 「ラムラックのロースト」ナイフを入れてから溢れ出る肉汁は最高の幸せを感じる

  • 「魚介のパエリア」や「ポルチーニを入れたキノコと生ハム入りのパエリア~トリュフの香り~」、季節限定など

  • 前菜からメイン、名物のラムチョップ、自家製パエリアを含むデザートまで全8品の120分飲み放題付きコースほか

  • スペイン産樽生ビールや自家製サングリア、カクテル、ワイン、シェリー、モヒートなどドリンクも豊富

小倉駅から北九州モノレールで1駅の平和通駅から徒歩約1分。『Volver』は、東京都内&大阪6店舗のグループ店をもつ新宿老舗の姉妹店。1階は開放感溢れる空間。2次会はもちろん、各種宴会も可能なスペースです。そして2階には4名の雰囲気抜群でラグジュアリーな空間にゆったり座れるソファ、最大14名までの小~中人数宴会に人気の、周りを気にせず楽しめる個室空間などがあるスペイン料理&バルです。イチオシはラムの概念を変えるニュージーランド産ラムチョップのグリル。また、お店自慢のラムチョップをラックで丸ごと香草をまぶしてローストしたラムラックのローストも。またパエリアも自慢で、店内でたっぷりのオマール海老から丁寧に作った自慢のダシを使用した海の幸たっぷりのパエリアや、季節ものなどもラインナップ。他にもタパス3種盛り合せやお皿いっぱいの生ハム、海老のアヒージョ、自家燻製フランス産鴨胸肉のパストラミなど一品料理も数多し。さらに全8品~10品といった各種コースや飲み放題プランも。ドリンクはほとんど手作りで、モヒートに使われるミントはなんと自家栽培!その他、サングリアなどもフルーツたっぷりで手作りと随所にこだわっています。

DATA

SPAIN Bar Volver (スペイン バル ボルベール)

住所 福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-19
電話 093-967-3677
営業 月~土、祝前日: 17:00~翌2:00
日、祝日: 17:00~23:00
定休日 不定休
料金 ニュージーランド産ラムチョップのグリル 1本480円(税別)
ラムラックのロースト 2280円(税別)
魚介のパエリア 1890円(税別)
120分飲み放題付き スペシャルコース全8品 4000円(税別)

ちょっと贅沢に、がコンセプト。月~土、祝前日は翌2時までの営業です

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

7軒目

「おかげさま」の心を大切に日々ラーメンを

  • 一押しの「ラーメン」。甘口タイプのトンコツスープはクリーミーで臭みなし。甘みを抑えた塩とんこつも

  • カフェレストランのような見た目の1軒家。ゆったりとしたカウンター&テーブルで、アットホーム

  • 原朗博さんと奥様、スタッフで仲良く切り盛り。独学ゆえにいろんなラーメン店主が教えてくれるそう

  • 「ラーメン」の麺は『一幸舎』の製麺部門、製麺屋慶史から直送。細ストレートでスープとのバランスも良い

  • 「醤(じゃん)ラーメン」。ベースは同じくクリーミーなトンコツスープだが、適度なピリ辛テイストが加わる

  • 「醤ラーメン」の麺は、福岡県では珍しき多加水の太ちぢれタイプ。ピリ辛スープに負けないインパクト

トンコツラーメンの発祥地としても知られる福岡県ですが、ゆえにラーメン店も数多いです。その数、約1500軒。その中で、気になる1軒があり、伺いました。飯塚市の「原ラーメン店」。口原で創業し、現在は秋松に移転。JR筑豊本線飯塚駅の南西約1.8km。北九州ラーメン王座決定戦などのイベントにも出店している、今、話題の店舗です。というのは、ご主人の原朗博さんは、独学なんですね。もともとはコンクリート製品関係のお仕事に就いていましたが、ラーメン好きが高じて店主に。でも独学とはいえさまざまな方のアドバイスや協力があってここまで来れたと語ります。「ラーメン」を頂きました。一口スープを味わうと、まずは優しい甘さが向かってきます。「南九州でもさらに甘い醤油を使用している」そうで、この甘さを提供したくてお店を始めたのだとか。ベースのスープはゲンコツメインで背脂少しと豚頭を、圧力寸胴を駆使して高温高圧で一気に搾りだしたクリーミーな口あたりです。と、ともに最近、話題なのが「醤(じゃん)ラーメン」。焼肉店のチゲスープをヒントに考案したそうで、炒めた白菜&ニラにトンコツスープで、魚介香るピリ辛スープに仕上がっています。

DATA

原ラーメン店 (はららーめんてん)

住所 福岡県飯塚市秋松402-1
電話 090-7479-4077
営業 11:00~15:00 17:00~20:00ぐらい
定休日 木曜日
料金 ラーメン 580円(税込)
醤ラーメン 730円(税込)

独学とは思えぬ高完成度とアットホームさでファン多し。美味しかった!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

8軒目

薬院駅からの隠れ家で、自家製の一夜干しが光る

  • 大将おまかせ「本日の自家製一夜干し定食」。小鉢2つにお新香、ごはん、お味噌汁もつく。小鉢は日替わりだ

  • 西鉄薬院駅より徒歩約4分。隠れ家的立地で、こじんまりとした中にアットホームさが光る

  • 大将の藤井剛さん。実は地元だそう。店名は藤井さんが学生の頃などに渥美清さんに似ていたところから

  • 真鯛の一夜干しは香ばしさと厚みと旨みが絶妙。山口で採れる平太郎も小ぶりながらもふっくらしている

  • 大ぶりで、厚みもあって、食べ応えあり。焼き加減と優しい塩分もバランスの良いテイストを保つ

  • お米にもこだわり、朝倉のお米を使用。艶やかな中に旨みと甘みを携えた白飯で、一夜干しにもぴったり

福岡県はラーメン、水炊き、焼きうどんなどご当地グルメがたくさんありますが、食材自体の素晴らしさも特筆ものです。海産物も豊富で、魚料理にこだわる飲食店も多いです。『寅寅寅』も、地元で人気の和食居酒屋さん。福岡や九州などの海産物を使用した魚料理を中心に、鉄板焼き、揚げ物、焼き物、珍味、一品料理、肉料理など、豊富なメニューが揃っています。大将の藤井剛さんは、やきとり店や和食居酒屋で腕を揮ったあと、魚の目利きのために博多の台所とも呼ばれる柳橋連合市場の魚問屋で働き、念願のお店を構えました。そのため特に魚料理が絶品。刺身盛り合わせも良いですが、特筆すべきは、呼子で採れた“あら”(クエ)を一年中提供なさっていたり。そんな『寅寅寅』で、今回はランチを頂きました。大将おまかせ「本日の自家製一夜干し定食」。今回は“真鯛”と“平太郎”。自ら市場に出向いて仕入れた真鯛を開いて一夜干しにするため、ふっくらとした口あたりも楽しめます。加唐島の天然塩を用いた優しい塩加減もGOOD。ごはんも朝倉のお米を使ったり、お味噌汁もきちんとイリコで出汁を取っていたりと、きちんとした仕事ぶりにも嬉しくなります。

DATA

寅寅寅 (とらさん)

住所 福岡県福岡市中央区高砂1-23-12
電話 092-534-5722
営業 11:30~14:00入店まで 17:00~24:00(23:30L.O) ランチは月~金のみ
定休日 不定休
料金 本日の自家製一夜干し定食 800円(税込)

さすが魚を知り尽くした大将ならではの完成度です。美味しかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

9軒目

呉服町駅至近の博多町家で、ほっこりと鍋料理などを

  • 築約130年の博多町家を改装。店名ロゴは日本を代表するイラストレーター・画家の黒田征太郎氏の作品

  • 「みねとこ鍋『三元豚+大鰐温泉もやし』鍋」。故・松田優作氏の好物「もやし豚鍋」をアレンジしてオリジナルで提供

  • 各種大皿料理や小鉢などは、コース料理にも組み込まれるので、コースが特にオススメ

  • 「壱岐の郷土料理「ひきとおし」鍋」。華味鳥とごぼう、豆腐、野菜の旨みと、甘辛な味付けが後をひく

  • みね子さんとの会話も楽しい。「ひきとおし」は対馬では「いりやき」、糸島では「ちり鍋」と言われるとか

  • ビールもあるが、福岡に来たら、せっかくなので地元や九州、そして壱岐の焼酎を楽しむのもまた一興

福岡市地下鉄呉服町駅より徒歩約5分。築約130年の古民家(酒屋)を活かした酒舗「みねとこ」。店内に入れば、カウンターごしに店主の中村みね子さん手作りの、本日のおすすめ大皿料理が並んでいます。例えば今回は「森さんの茄子あげ浸し」「魚(このしろ)が入ったなま酢」「壱岐のままなかせのトマト」「高野豆腐とおくらとにんじんの煮物」など。お米や野菜は壱岐や東峰村などから仕入れているそう。その他、小鉢や一品も人気ですが、ぜひ味わいたいのが新メニューの「みねとこ鍋「三元豚+大鰐温泉もやし」鍋」。青森の大鰐温泉から、煮込んでも煮崩れすることなくシャキシャキの歯ごたえが楽しめる、本当に長い大鰐温泉もやしが、毎週JALで直送されるそう。もちろん九州初です!数量限定というのもあり、要予約メニュー。と共に、こちらも要予約ですが「壱岐の郷土料理「ひきとおし」鍋」も絶品。華味鳥とごぼうと豆腐を煮込み、上から野菜を載せて、再度煮込んで完成。食材の旨みと甘辛さがたまりません!他にも日本酒にもこだわりが。みね子さんは実は壱岐の出身なのです。ということで、福岡を始め九州のほか、壱岐の焼酎も提供なさっています。

DATA

みねとこ

住所 福岡市博多区下呉服町9-121
電話 090-9594-1798 (電話推奨)
営業 17:30~22:00(21:40L.O)
定休日 日曜、祝日、お盆、年末年始、その他仕入れのため臨時店休あり
料金 「みねとこ鍋『三元豚+大鰐温泉もやし』鍋」焼き餅入り ひとり1830円(税別) 2名から受付(要予約)。小鉢2品と大皿2品付きのコース ひとり2980円(税別)がおススメ
「壱岐の郷土料理「ひきとおし」鍋」締めのソーメン付き ひとり1680円(税別)・2名から受付(要予約・数量限定)。小鉢と大皿2品付きのコース ひとり2680円(税別)がおススメ
「カウンター大皿料理」350円(税別)~
「小鉢」「ひとしな」300円(税別)~

大皿料理や小鉢、鍋料理などで憩いのひとときを。美味しかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

番外編

北九州空港でお土産GET!その名も「ネジチョコ」

  • 一組ずつビニールパッケージされている「ネジチョコ」。3Dプリンターで作成。実際にドッキングできる

  • 苅田町から連絡橋でつながる人工島の北九州空港。東京や静岡などのほか、国際線も就航している

  • 出発ロビーである2階に位置する『BLUE SKY』。ゆとりをもって空港に来て、お土産散策も楽しい

  • 「ネジチョコ」はプレーンタイプとココアタイプなどがある。パッケージも15個入りと5個入りなど

  • カカオ51%スイートチョコで程よい甘さとほんのりビター。ココアは、ココアパウダーで錆びた鉄の質感も

  • 地元の遺産と融合したようなお土産も素敵ですね!他にも「BLUE SKY」にはさまざまなお土産ありました

いかがでしたでしょうか?福岡2泊3日の旅。場所的にも福岡市や北九州市のみならず、飯塚市や福智町、川崎町もあり、風景にもバリエーションがありました。もちろん料理もパスタコースやステーキ、やきとりから、ランチバイキング、郷土料理、スペイン料理、ラーメン、魚料理、鍋料理などバラエティに富んでいました。さすがは、九州を代表する福岡県。そんな中、今回も番外編です。向かった先は、北九州空港。周防灘に浮かぶ連絡橋で陸地とつながった海上空港。そういえば同一の都道府県で2つ以上の空港があるところって珍しいですね。空港内には飲食店が5か所(ゲート内含む)、ショッピングも7か所(国際線ゲート内含む)。こじんまりとしていますが、じっくり見ると案外と様々な料理やお土産があり、楽しいです。そして見つけたのが「ネジチョコ」。2階のショッピングコーナー『BLUE SKY』で販売しておりました! 2015年官営八幡製鉄所の関連施設がユネスコの世界遺産に登録されたのをきっかけに、地元の「オーエーセンター株式会社」が北九州的なお土産を、と、考案したそう(実際の製造販売はグループ会社『GRN DA ZUR』)。製鉄所の鉄をイメージした、ボルトとナットの形のチョコレート。実際にドッキングさせられる精巧さが凄いです。

DATA

BLUE SKY 北九州空港店

住所 福岡県北九州市小倉南区空港北町6番 北九州空港2階
電話 093-474-3811
営業 7:00~20:30
定休日 無休
料金 ネジチョコ 5個入り 540円(税込) 15個入り 1404円(税込)

北九州空港に行ったら、まずは『BLUE SKY』で「ネジチョコ」&お土産を。そして散策も楽しいです!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ