屋久島・グルメ2泊3日の旅
  • 国内

24

一度はいってみたい おいしいニッポン! ご当地グルメの旅

屋久島・グルメ2泊3日の旅

2018.07.31

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

今回は屋久島編。鹿児島県の屋久島に2泊3日で行ってきました。

今回は屋久島編。鹿児島県の屋久島に2泊3日で行ってきました。

こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画!今回は屋久島編。鹿児島県の屋久島に2泊3日で行ってきました。
鹿児島空港から約30分のフライトで気軽に行けちゃう屋久島。大阪空港や福岡空港からも直行便が飛んでいます。でも、近隣の種子島や口永良部島などとともに大隅諸島を形成し、世界自然遺産にも選定。縄文杉や大王杉に代表される樹齢が1,000年を超える屋久杉をはじめとして、中央部には日本百名山の一つで九州地方最高峰の宮之浦岳 (1,936m) があったりと、雄大な自然に満ち溢れています。実は僕も初めての屋久島で、ワクワク。さて、今回も旅が始まります!

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

1軒目

うどんはもちろん、屋久杉の工芸品も必見!

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 「屋久どん」は、安房にある飲食店です。敷地はとても広くて、屋久杉を祀った神社まで。

  • ご主人は池田秀作さん。お客さんを楽しませようというバイタリティも素晴らしい方です。

  • 「飛唐うどん」。うどんと一緒に屋久島で採れる飛魚も味わえるセットタイプですね。

  • うどんの具として乗っているのは、飛魚の”つけあげ”(さつまあげのようなもの)。

  • 「飛魚の姿揚げ」。中サイズの飛魚の一夜干しを二度揚げしています。サクサクの食感と、ふっくらした身の美味しさが格別です!

屋久島には空港のほか、安房と宮之浦の2ヵ所の港があり、鹿児島港に航路があります。両地域とも繁華街とまでは行きませんが、ちょっとした賑わいが。「屋久どん」は、その安房にある飲食店。店内は八角形になっていて、随所に屋久杉を用いた工芸品が飾られています。ご主人は池田秀作さん。もともとは池田さんのお父様が立ち上げた店舗で、これらのオブジェも当時からだそう。さて、それらの作品をひととおり堪能した後は、うどんをいただきましょう。まずいただいたのは、「飛唐うどん」。うどんと一緒に屋久島で採れる飛魚も味わえるセットタイプですね。湯気とともにダシのよい香りがふわりと立ち上ってきます。カツオベースの汁で、スモークしたサバ節を“追いガツオ”のように“追いサバ”したツユは、やや濃いめのダシで後を引く美味しさです。うどんもつるりとしたのど越しで、全体とのバランスもGOOD。さらに「飛魚の姿揚げ」。これが驚愕です。中サイズの飛魚の一夜干しを二度揚げしているそうですが、中骨以外は頭からバリバリと味わえてしまう。サクサクの食感と、ふっくらした身の美味しさが格別です!

DATA

屋久どん (やくどん)

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房500-46
電話 0997-46-3210
営業 11:00~15:00(14:30L.O.)、18:00~20:30(20:00L.O.)
定休日 不定休
料金 飛唐うどん1,400円

「屋久島の観光名所」的な役割も担うお店です。最初から素敵な1軒に出会えました。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

2軒目

屋久島ランチに本格的&お得なグリルハンバーグを

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 「SLOW」の藤山秀忠さんは、家族そろって屋久島に移住された方。「子どもをのびのび育てたいと思って屋久島に来ました」とのこと。

  • 2012年12月にDining Café Barとしてオープン。ハンドメイドとは思えぬ堂々とした造りにびっくり。

  • 手作りのグッズも販売。オブジェとしての効果も発揮していたりして、店内は木の温もりだけでなく、賑やかな雰囲気も楽しいですね。

  • 想像していたよりも、ずっとボリュームたっぷりです!ジューシーなハンバーグや、太くておおきなソーセージ。

  • サラダに使用する野菜は鹿児島や宮崎など南九州産を使用するこだわりぶり。本日の紫キャベツは地元の屋久島産。

屋久島には、全国各地から移住されている方がとても多いです。世界自然遺産やエコツーリズム観光地としての登録などが拍車をかけていますが、そもそもの屋久島の自然の魅力が多くの方を引き寄せるのでしょう。「SLOW」の藤山秀忠さんもそのひとりです。さて、こちらのお店がすごいのは、手造りであること。2011年8月より自ら造成を初めて店舗兼住宅を完成させ、2012年12月にDining Café Barとしてオープン。「大工さんにも手伝ってもらった」とのことですが、ハンドメイドとは思えぬ堂々とした造りにびっくり。夜はアルコールなども楽しめるDining Barなのですが、ランチは洋食のセットが大評判。というわけで今回は「グリルハンバーグセット」をオーダー。これが想像していたよりも、ずっとボリュームたっぷりでした!ジューシーなハンバーグや、太くておおきなソーセージ。藤山さんは大阪の出身で、もともとは和食やいけす料理の店舗で修業を積み、その後、自ら洋風バーをなさっていたそう。サラダに使用する野菜は鹿児島や宮崎など南九州産を使用するこだわりぶり。本日の紫キャベツは地元の屋久島産。そこにバジルドレッシングがかかっていました。ほかにも地元の方にはオムライスが人気だといいます。

DATA

SLOW

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町船行1068-7
電話 0997-46-3562
営業 12:00~16:00、18:00~22:00
定休日 日曜日、ほか不定休
料金 グリルハンバーグセット980円(+200円でドリンク)

ほかにも地元の方にはオムライスが人気とか。屋久島で本格的&お得なグリルハンバーグをいただきました。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

3軒目

地魚などを、心ゆくまで堪能できる

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 最初に驚いたのが厨房の広さです。僕の経験上ですが、厨房が広い飲食店は、美味しいところがとても多いです。清潔感もあり!

  • ご主人は、迫田和治さん。霧島のホテルなどで腕を揮った後、屋久島のシーサイドホテルに。料理長を12年勤め、18年前に独立。

  • 「首折れサバの刺身」。一湊という北部の地域でよく採れ、その朝挽きを使用。しっかりとした歯ごたえと旨みで素晴らしいです!

  • 「サバすき鍋」。刺身のサバもいいですが、火の入った感じもふわりとした食感とコクがたまりません。ツユは甘めで、美味しい!

  • 「飛魚の唐揚げ」は、食べ応えがありますね。サクサクとした外側と、グッと旨みの詰まった飛魚の風味がさすがです。

旅に出ると、その土地での人気な飲食店に行きたいもの。特に地元の郷土料理が味わえるとなると格別です。そんな希望を満たしてくれるのが「潮騒」。ご主人は、迫田和治さん。霧島のホテルなどで腕を揮った後、屋久島のシーサイドホテルに。料理長を12年勤め、18年前に独立したそう。「スタッフもシーサイドホテルからの人も多くて、みんな、腕がいいんですよ!」と迫田さん。料理は地元の魚からとんかつ、うどんなどと幅広い「お食事処」といった感じですが、せっかくなので屋久島ならではの料理をいただきましょう。まずは「首折れサバの刺身」。首折れサバをご存知でしょうか?屋久島で採れるゴマサバなんですが、すぐに首を折って血抜きをするため鮮度が良いのだとか。一湊という北部の地域でよく採れ、その朝挽きを使用。しっかりとした歯ごたえと旨みで素晴らしいです!次に「サバすき鍋」。サバと野菜を、すき焼きみたいに味わえる名物料理です。さらに「飛魚の唐揚げ」も食べ応えがありますね。サクサクとした外側と、グッと旨みの詰まった飛魚の風味がさすがです。しかも中骨はあらかじめ取ってあります。ホテルの料理長出身なので、丁寧な仕事ぶりにも敬服します。

DATA

潮騒 (しおさい)

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦305-3
電話 0997-42-2721
営業 11:30~14:00 17:30~22:00(21:30L.O.)
定休日 木曜日
料金 首折れサバの刺身1,000円、サバすき鍋1,700円、飛魚の唐揚げ700円

黒豚を使用したとんかつ定食など、一品ものなどさまざまなメニューが目白押し。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

4軒目

東京で習った本格二八蕎麦を隠れ家で提供

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 「隠れ家」。そんな言葉がぴったりのお蕎麦やさんが、屋久島にある「きらんくや」さんです。

  • 木の温もりを全面に活かした一戸建て。なぜこの場所なのか?と思ったら、安房で探していたら不動産やさんに紹介されたからだとか。

  • 「“やくとろ”のつけとろ」。“やくとろ“とは、期間限定販売の、屋久島特産の山芋とろろだそう。

  • 鹿児島産の蕎麦をゆっくりと石臼で挽いた蕎麦粉を丹念に手打ち。二八そばですね。風味も爽やかで、のど越しも良いです。

  • 屋久島で採れたサバを用いたサバ節、枕崎産の本枯れ節などを用いたつけ汁も秀逸。やくとろの粘りともちもち感は、噂どおりです。

「隠れ家」。そんな言葉がぴったりのお蕎麦やさんが、屋久島にあります。安房地区にクルマを走らせ、エコタウンあわほ(Aコープ安房店・安房漁協)の第2駐車場のある小路を進めば、民宿まんまるの約300m先。そこからさらに小路を曲がれば、まさかの場所に店舗が。ご主人の吉良和斗さんは高知県の出身。大学を卒業後、広島や東京で会社員をなさっていましたが、脱サラし、約11年前にご夫婦で屋久島へと移住されました。「屋久島は新婚旅行で来た時から、いいところだなと思っていて、念願叶ったという感じです」と吉良さん。今回いただいたのは、「“やくとろ”のつけとろ」。“やくとろ”とは、期間限定販売の、屋久島特産の山芋とろろのこと。鹿児島産の蕎麦をゆっくりと石臼で挽いた蕎麦粉を丹念に手打ちなさっています。二八そばですね。風味も爽やかで、のど越しも良いです。屋久島で採れたサバを用いたサバ節、枕崎産の本枯れ節などを用いたつけ汁も秀逸で、このまま東京などでお店をなさっても、充分に高レベルな仕上がりですが、実は東京の「一茶庵」系列の学校で習ったのだそう。さらに、“やくとろ”の粘りともちもち感は噂どおりで、蕎麦とよく絡みます。最後は、蕎麦湯でツユを割って、ごちそうさま!屋久島で蕎麦、充分に満喫させていただきました。

DATA

きらんくや

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房540-234
電話 0997-46-4610
営業 11:30~14:30(14:00入店まで)、18:00~21:00(20:00入店まで)
定休日 火曜日
料金 “やくとろ”のつけとろ1,000円

人気と評判だったので開店直後に訪れましたがその後に続々と地元&観光のお客さんが!おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

5軒目

バリの雰囲気を伝えるセレクト式ランチプレート

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店内はインドネシアのバリの雰囲気も漂っています。安房川の河口付近に位置し、引き潮の際には川のところに砂浜も登場するとか。

  • ご主人の鬼頭知直さんと奥さま。こちらに移転する前は、奥さまのお婆さんの実家 (尾之間)にお店を構えていたそうです。

  • ランチプレートは1,200円で、5種類の料理を選ぶシステム。すべての料理が美味しそうで、目移りしちゃって決められません(笑)。

  • こちらは、グリーンカレー、ハンダマとオイルサーディンのサラダ、茄子と絹あげの煮びたしなど。

  • テイクアウトもあるのも嬉しいですね。購入してビーチなどでいただくのもまた格別。

「Warung Karang(ワルンカラン)」。インドネシア語でWarungは食堂とか小さいお店、Karangは珊瑚。屋久島は山のイメージもありますが、海も青く、珊瑚も。珊瑚には小魚がたくさん集まってきます。そんな雰囲気をレストランで再現できれば、と名付けたそう。料理は京都の飲食店で働きながら料理の勉強をしてきた奥様の担当。店内はインドネシアのバリの雰囲気も漂っています。広々した空間で、天井も高く、自然豊かな眺めも素敵です。そして店内には、数十種類の料理がずらりと並んでいます。バリではライスを盛ったプレートに、お好みでおかずをセレクトして載せる形式の料理があるそう。東南アジアを旅している時にそれに出会い、セレクトスタイルに決めたのだとか。ランチプレートは1,200円で、5種類の料理を選ぶシステム。季節の野菜のバジルソテー、生春巻、レモンバームのオムレツ、しめ飛魚のエスニックマリネなど。東南アジア的な味わいもありますが、地元の魚や野菜もふんだんに取り入れて、健康的な見た目&味わいです!料理はエスニックだけではなく、創作的な一品もあります。お客さんは地元の方が7~8割だとか。しっかりと地元に根付いている1軒です。

DATA

Warung Karang (ワルンカラン)

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房103-2 2F
電話 070-4416-4567
営業 11:30~15:00(14:30L.O.)
定休日 水曜日、木曜日、ほか不定休
料金 ランチプレート1,200円(ドリンクとのセットで1,400円)、テイクアウト750円など※ディナーは予約でオードブルなども受け付け

お客さんは地元の方が7~8割だとか。
しっかりと地元に根付いている1軒です。
おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

6軒目

オーベルジュ型リゾートホテルで優雅なディナーを

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • オーベルジュ型リゾートホテル「sankara hotel & spa屋久島」(サンカラ)。

  • 店内は緑深い森を感じる落ち着いた雰囲気です。そのなかで光に照らされたオープンキッチンはまるでステージのよう。

  • 「初鰹 麦味噌 ネギ」。藁焼きの初鰹の周りに、ネギのグリーンソース、麦みそを用いたイエローソース。ヨーグルトも添えて。

  • 「飛魚 ズッキーニ ラッキョウ 金蓮花」。キャビアやズッキーニを揚げたチップ、金蓮花も添えられて豪華な雰囲気に。

  • 「ふくどめ牧場サドルバック種ロース肉」。豚だしソースと、ピューレ状の3週間かけて作成した自家製の黒ニンニクで、より深みが。

屋久島の東南、山を背に海を臨む緑深き高台は、亜熱帯雨林と亜高山気候の交差するエリア。その地に、真のホスピタリティサービスと世界遺産・屋久島への貢献を経営理念とするオーベルジュ型リゾートホテル「sankara hotel & spa屋久島」(サンカラ)があります。サンカラには2ヵ所のディナーレストランがありますが、今回ご紹介させていただくのは「okas」。エグゼクティブシェフは武井智春氏、シェフは林謙児氏。料理は、日々変わりますが、メインコンセプトは「地産地消」。昔の屋久島では「海に10日、里に10日、山に10日」といわれ、人々は里で田畑を耕し、海と山からも豊かな恵みを得て暮らしてきました。サンカラではこの島の恵みをサンカラ・キュイジーヌとして昇華させ、ここでしか味わえない味覚を提供なさっています。しかも敷地内に農園を持ち、自ら育てた野菜も使用するほど。今回いただいたのは、シマアジのタルタルをよもぎ餅で包んだ「カカラン団子 シマアジ」や屋久島ならではの飛魚のコンフィ「飛魚 ズッキーニ ラッキョウ 金蓮」、肉質のジューシーさもさることながら、脂身の甘さが特筆ものの「ふくどめ牧場サドルバック種ロース肉」など、一品一品に丁寧な仕込みが伺えました。まさに一流の仕事ぶりという表現がぴったりです。

DATA

sankara hotel & spa屋久島 okas (サンカラホテル&スパ 屋久島 オーカス)

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生字萩野上553
電話 0800-800-6007(代表)
営業 18:00~20:30L.O.
定休日 無休(予約制)
料金 ディナー14,600円

美しい夕日や夕暮れを堪能しながら、一流の仕事を味わう。そんな素晴らしい夜!おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

7軒目

サバの町、一湊で、サバ節推しの料理をいただく

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • この場所は馬場さんのお婆さんが住んでいた家だそうで、店名もこちらの方言で「キヨコさんの家」という意味なんだとか。

  • 地元出身の馬場貴海賀さん(左)は、熊本大学を卒業後に社会人を経て、アジアやヨーロッパを周遊したり、原付で日本一周したそう。

  • 馬場さん、書道の腕も凄いです。「原付で日本一周の時は、路上で書を書いて、売りながら回っていました」と笑います。

  • 一番人気が「サバ節のオムライス」。ガーリックライスとサバ節のごはんの上に、とろとろの玉子とサバ節の餡がかかっています

  • ちなみに、トビウオの燻製も使用しています。それが、こちら。オムライスは単品もありますが、サラダ&スープのセットも。

人口約13,000人の屋久島は、安房、宮之浦のほかにもいくつかの集落があります。そのうちのひとつが一湊(いっそう)。島の一番北側に位置し、サバ漁が盛んな地域です。川のほとりに3階建ての鉄筋コンクリートの建物があります。それが「キヨコンネガイ」。馬場貴海賀さんが立ち上げたカフェレストランです。地元出身の馬場さんは、熊本大学を卒業後に社会人を経て、アジアやヨーロッパを周遊したり、原付で日本一周をしたりしていたそう。この場所は馬場さんのお婆さんが住んでいた家だそうで、店名もこちらの方言で「キヨコさんの家」という意味なんだとか。ふと見ると、書画が。実は馬場さん、書道の腕も凄くて、ニースとかパリとかロンドンなどにて出展もなさるほどです。そんな馬場さんが立ち上げたカフェレストランで、一番人気が「サバ節のオムライス」。ガーリックライスとサバ節のごはんの上に、とろとろの玉子とサバ節の餡がかかっています。オムライスにサバ節が合うのがびっくり。和ダシのテイストが爽やかにサポート。神奈川は逗子のイタリアンでも働いていたことがあるという馬場さん。さすがの美味しさです!窓の外にはサバ節を作っている会社が見えたり、風向きによっては香りが漂ってくることもあったり。まさに「サバ節推し」な1軒です。

DATA

キヨコンネガイ

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町一湊13-1
電話 非公開
営業 11:00~16:00 夜は予約制(18:00~22:00)
定休日 木曜日、金曜日
料金 サバ節のオムライス800円、サラダ&スープセット1,200円、ドリンク&デザートセット1,200円、ぜんぶセット1,500円

喧騒を離れ、ゆったりとした雰囲気も楽しみながらのランチ。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

8軒目

週末の「一汁五菜」と森の静けさに癒される

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 宮之浦から向かうと、通りからもちょっと右へ曲がったところで、静かな森のなかといった素敵な環境も魅力的です。

  • お店を切り盛りなさっているのは、瀬戸山瑞香さん。野鳥好きなので、ヤマガラという野鳥からネーミング。

  • 料理の一例ですが、本日は「飛魚のローズマリー焼きとラタトゥィユ」。和の食材的な飛魚が、ローズマリーの香草によって洋風に。

  • 「じゃが芋と鯖節のサラダ」。屋久島ならではの鯖節の良さが活きています。

  • 食後には「屋久島茶風味のできたて本葛餅」を。葛もちができたて!凄いです。

宮之浦の集落から西方の山側に進むと白谷雲水峡という宮之浦川支流白谷川の渓谷があります。そこへ向かう途中にあるのが「やまがら屋」。茶屋とうたっていますが、島の食材を使った家庭料理、うどん、手作りおやつとお飲み物を提供する一軒家。お店を切り盛りなさっているのは、瀬戸山瑞香さん。ずっと千葉に住んでいましたが、屋久島にはご主人と何度も訪れていたそう。移住を決めた際にこちらを選んだのは、この近所に特にお気に入りのロッジがあって泊まっていたからだとか。特にオススメなのが土日限定の「本日の一汁五菜」。日本古来の食事には一汁三菜がありますが、もっと。一汁五菜。料理の内容は毎回変わっていきます。瀬戸山さんが屋久島じゅうの食材やさんから仕入れたもので、健康的な御膳が完成です。なので、一例ですが、本日は「飛魚のローズマリー焼きとラタトゥィユ」。和の食材的な飛魚が、ローズマリーの香草によって洋風に。また、「じゃが芋と鯖節のサラダ」は、屋久島ならではの鯖節の良さが活きています。さらに「パパイヤのスウィートチリソースかけ」なども。食材の良さが光る料理たち。これで950円は嬉しいですね。お客さんも地元の方々がかなり多いというのも頷けます。

DATA

やまがら屋

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦2204-13
電話 0997-42-3620
営業 12:00~16:00
定休日 水曜日、木曜日、金曜日
料金 本日の一汁五菜(土日限定)950円、屋久島茶風味のできたて本葛餅 今だけ新茶セット 600円

さまざまな食材の良さが光る料理たち。
これで950円は嬉しいですね。
おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

9軒目

島の食材にこだわった手作りジェラート

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 屋久島空港から県道77号線を下って約17km。クルマで約30分。店名どおりの彩りで、ほのぼのとした優しい雰囲気を醸します。

  • 横浜出身の毛利哲(さとし)さんと、東京出身の奥様、みおさん。もともとスキューバダイビングと山登りが大好き。

  • 手間を惜しまず、丁寧な仕込みを心がけています。開店は13時ですが、午前中からずっと仕込み。毎日10種類を提供しています。

  • 「たんかん」。2月頃に島でできるたんかんを用いたソルベです。果汁にして保存しているそうですが、なんと、収穫も手伝います。

  • 「屋久島茶と、しお」。もちろん美味しいですが、真剣さとこだわりも素敵です。ミルクジェラート。

「そらうみ」は、県道沿いにポツンと佇むジェラートのお店。ご主人の毛利哲(さとし)さんと、奥様のみおさんが二人で切り盛りなさるジェラートやさん。毛利さんは横浜出身、奥様は東京出身ですが、もともとスキューバダイビングと山登りが大好き。「海外も行きましたが、屋久島はその両方ができる地で、移住することを決めました」。こちらでは、手作りでジャムを作って合わせたり、「やまもも」も自分で種を取ったりと手間を惜しまず、丁寧な仕込みを心がけています。そして、毎日10種類のジェラートを提供。時期によって商品が変わるのでレパートリーは70種類以上だとか。そんな中から、今回は2つのカップをご紹介します。まずは「たんかん」。2月くらいに島でできるたんかんを用いたソルベです。果汁にして保存しているそうですが、なんと、収穫も手伝っています。平内集落かっちゃんの農園で減農薬で作られたたんかんを使用。続いて、「屋久島茶と、しお」。屋久島でもお茶が栽培されています。こちらで使用しているのは藤原園の無農薬、無化学肥料の茶葉。もちろん美味しいですが、真剣さとこだわりも素敵です。ミルクジェラート。ほかにも「やまもも」などさまざまな島の良さが活きるジェラートがたくさんあります。

DATA

そらうみ

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生165-8
電話 0997-47-2458
営業 13:00~17:30(17:15L.O.)
定休日 火曜日、水曜日、ほか不定休
料金 1種盛りカップ390円、2種盛りカップ490円

思わず目移り、間違いなし。通販もなさっているので、要チェックです!おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

番外編

屋久島で見かけた粋なお土産をご紹介!その1

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 「ぷかり堂」。以前は安房川のほとりにありましたが、屋久島空港の近くに移転し、さらに便利になりました。

  • 「屋久島たんかんニューヨークチーズケーキ」。チーズの良さと共に、ふわっとたんかんの香りが広がる優れた作品。

さて、今回も番外編です。なんと今回は2軒です!まずは「ぷかり堂」。「屋久島の美味しい、かわいいを集めたお土産屋さん」というコンセプトどおりの素敵な品々が並びます。「屋久島ガジュマルのこけ玉」などのグッズも秀逸ですし、「焼きあご だし塩」「屋久島地ビール(数種類あり)」などの調味料、飲料などもたくさん。なかでもイチオシは「屋久島たんかんニューヨークチーズケーキ」。有名菓子店「新月堂」と「ぷかり堂」のコラボレーション作品で、島の名産“たんかん”を使用したチーズケーキです。いただけば、チーズの良さと共に、ふわっとたんかんの香りが広がる優れた作品。今後はパッションフルーツやマンゴーなども登場予定しています。

DATA

ぷかり堂

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田719-39
電話 0997-43-5623
営業 8:30~18:00
定休日 無休(オフシーズンは水曜日)
料金 屋久島たんかんニューヨークチーズケーキ 350円

屋久島みやげを探すのにぴったりですよ!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

番外編

屋久島で見かけた粋なお土産をご紹介!その2

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 「武田館」。店内はおろか倉庫に調度品や工芸品などがずらり。島内周遊道路の安房入口付近に位置し、交通便利な地にあります。

  • 最近は小さなアクセサリーも人気。レーザー加工機を導入し、「ウミガメ楊枝入れ」など新たな作品も続々登場。

  • イチオシは「やくしま果鈴 山のおやつ工房」の「フィナンシェ ヤクシマーノ たんかんショコラ」。

続いて、「武田館」。昭和37年から屋久杉を搬出する事業を開始し、今では屋久杉を用いた工芸品の加工販売で定評が。店内はおろか倉庫に調度品や工芸品などがずらり。大きなテーブルなども良いですが、最近は小さなアクセサリーも。レーザー加工機を導入し、「ウミガメ楊枝入れ」など新たな作品も続々登場。最近のイチオシは「やくしま果鈴 山のおやつ工房」の「フィナンシェ ヤクシマーノ たんかんショコラ」。登場したばかりの商品で、たんかんの砂糖漬け、屋久島産たんかんピールを合わせています。コクのあるフィナンシェの風味のあとにショコラの深みが。そして後から長く香るタンカンの味わいもGOODです。

DATA

武田館

住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房650-18
電話 0997-46-2258
営業 8:00~18:00
定休日 無休
料金 ウミガメ楊枝入れ1,500円、フィナンシェ ヤクシマーノ たんかんショコラ800円

どちらのお店も屋久島みやげを探すのにぴったりですよ!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

全体マップ

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

Ranking

九州の人気記事ランキング

旅先で出会った珠玉の一杯。うどんライターが選ぶ、全国の名店

「おかえり」と迎えてくれる大自然と島人。奄美大島、癒しの旅

絶景&島民大宴会の開放感がたまらない。ヨロンマラソンの魅力

ねこねこパワースポット

奄美大島・ご当地グルメ2泊3日の旅

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ