鎌倉・江の島グルメ2泊3日の旅
  • 国内

985

鎌倉・江の島グルメ2泊3日の旅

2017.03.30

記事をクリップ

SNSで共有する

  • クリップ一覧
閉じる

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は9,000軒を超える。

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地の様々なグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地様々な場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は鎌倉・江の島編。神奈川県の鎌倉、七里ガ浜、江の島へ2泊3日で行ってきました!  源頼朝により鎌倉幕府が置かれ、鎌倉大仏や鶴岡八幡宮など歴史的建築物なども随所に見られる鎌倉、相模湾が広がり、湘南という言葉がぴったりで日本の渚百選にも選出された七里ヶ浜、湘南海岸から橋で繋がる、陸繋島の江の島。それぞれに趣がある、人気スポット。というわけで、今回も旅が始まります。

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

1軒目

生産者とタッグを組んだ奇跡の海鮮料理

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • テーブル12席、小上がり8席、カウンター4席のほか、デッキ32席も。せっかくなので、開放感溢れるデッキの席へ。

  • 「小屋のまかない丼」。全国丼連盟の【第一回全国丼グランプリ(2014年)】において、海鮮丼部門で金賞も受賞しています。

  • 地海苔を用いたお吸い物を、“だし”感覚で丼にかけて、だし茶漬けのように頂いてもGOOD。2度、3度と楽しめます。

  • 「漁師汁定食」。南仏のビストロなどで定番の「スープ ド ポワソン」という魚介のアラを用いた濃厚なスープをヒントに考案!

  • お刺身も、熟成しています。今日は本マグロと、ヘダイ。熟成魚の味わいがよく分かります。しっとりとして甘みが広がります。

最初に訪れたのは、江の島の手前。水族館側に位置する『江ノ島小屋』へとやってきました。こちらは、単に魚が美味しい飲食店というだけではありません。食材へのこだわりが、凄いんです。例えば魚は、石川県鹿渡島定置網「海幸丸」の栗原智章さん。米は、埼玉県北葛西郡杉戸町の「アールキューブエコ」網本欣一さん。味噌は、神奈川県海老名市東の「泉橋酒造」橋場友一さん……など。「生産者さんのところにも、スタッフやその家族みんなで定期的に訪問して、実際に農業体験や漁業体験などを経験しているんです」とのこと。素敵な飲食店です。さて、料理を。「小屋のまかない丼」は、新鮮なお魚数種類のタタキ(なめろう)をお味噌で和えて秘伝のゴマダレをかけた名物丼。「まかない丼」というコンセプトですから、魚は都度、変わります。今日は、イナダとカンパチ。「海幸丸」の栗原さんから届くのですが、栗原さんも真剣な漁師さんで、船上で生け簀に移して、脱血&神経締めを施しているそう。なので美味しさが格別なんですね。ちなみに「アールキューブエコ」の網本欣一さんから届くお米も、もちろん無農薬。美味しさだけでなく、安心安全なども考えた飲食店運営。のっけから素晴らしい1軒に出会えました。

DATA

江ノ島小屋

住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12 江ノ島小屋1F
電話 0466-29-5875
営業 8:00~15:00、16:00~22:00
定休日 12月31日・1月1日・不定休※従業員研修等で不定休となる場合あり(電話要確認)
料金 小屋のまかない丼1,430円、漁師汁定食1,360円

美味しさだけでなく、安心安全!素晴らしい1軒に出会えました。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

2軒目

生け簀もあるから海産物の鮮度抜群!

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 海鮮料理で話題の『きむら』。昭和39年の東京オリンピックで江の島がヨットの会場になったのを契機に、食堂へと変えたのだとか。

  • こじんまりしている、と思ったのは1階の話でした。2階へと向かえば、大広間。1階13席、2階26席。全部で39席!

  • 戦前は、さざえやはまぐりなどの貝類の卸だったんです」と、2代目の木村紘一さん。店内には生け簀があり、活魚や貝類がわんさか。

  • 「つぼハマ定食」。注文が入ったら水槽から採り、醤油や出汁昆布、カツオ、酒などで作成した特製の醤油ダシと共に焼いて完成。

  • 「きんめ煮付け定食」はダイナミックさも素敵ですね!きんめは小田原とか伊豆あたりで採れるそう。

江の島へと向かうと右手に聖天島公園が見えてきます。その公園を抜けたあたりに佇むのが、海鮮料理で話題の『きむら』。「戦前は、さざえやはまぐりなどの貝類の卸だったんです」と、2代目の木村紘一さん。今回いただいたのは、「つぼハマ定食」。さざえのつぼ焼きと、はまぐりが4つ。汁もはまぐり(あさりのことも)が登場しました。さざえのつぼ焼きは、朝から仕込むんだとか。今日のは大ぶりなので1個。小さいときは2個だそう。さざえは地元の七里ヶ浜で採れます。はまぐりは、外房から。注文が入ったら水槽から採り、醤油や出汁昆布、カツオ、酒などで作成した特製の醤油ダシと共に焼いて完成。もう、ぷるぷるでふっくらで香ばしくて熱々で、美味しい! また「きんめ煮付け定食」もおすすめ。きんめは小田原とか伊豆あたりで採れるそう。新鮮なきんめが朝に届いて、うろことか内臓を丁寧に取るのだとか。それを、やはり注文が入ってから大鍋で醤油、砂糖、味醂、酒などで作成した自家製の煮汁を加えて十数分煮付けて完成。旨みたっぷりの肉厚きんめは、ほんのり甘めな仕上がりで、もう、素晴らしいとしか言いようがないです。

DATA

きむら

住所 神奈川県藤沢市江の島1-6-21
電話 0466-22-6813
営業 11:50~20:00(18:00以降は電話要確認)
定休日 不定休
料金 つぼハマ定食1,500円、きんめ煮付け定食2,200円

注文を受けてから作る、絶品料理の数々。早く出来るより、美味しく出来るほうが嬉しいです!おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

3軒目

とにかく、しらす三昧。しらすが随所に活きる料理店

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 江の島に入って数百メートルのメイン通りの片側には、美味なる飲食店が軒を連ねています。その一画にあるのが「しらす問屋 とびっちょ」。

  • 「しらすのかき揚げ」は、サクサクと軽い食感と香ばしい味わい。「しらすのかき揚げ」が載った丼もあります。

  • 「釜揚げしらす丼」は、釜揚げのしらす自体が柔らかくて旨味たっぷりで美味。これを、卵の黄身と特製ポン酢でいただきます。

  • 「釜揚げしらす3色丼」は、釜揚げしらす、ネギトロ、いくらが載った丼。ネギトロやいくらの鮮度も良く、まさに、ヤミツキの味。

  • 「しらすビール」まで、ありました。しらすエキス入りで、黒ビール風の発泡酒なんだとか。気になります!

「しらす問屋 とびっちょ」は、オープンから夜までずっと行列が続く、大の人気店です。こちらは生しらすが有名なのですが、実は取材に伺ったときは禁漁期間(1月~3月中旬)。ご紹介するのは生しらす以外の3品です。まずは、「しらすのかき揚げ」。釜揚げしらすは、由比ガ浜などから仕入れて、天然塩で塩分濃度も低めに茹で揚げています。そんなしらすをかき揚げにしたのが、こちら。サクサクと軽い食感、香ばしい味わい。「しらすのかき揚げ」が載った丼もあります。続いて「釜揚げしらす丼」。釜揚げのしらす自体が柔らかくて旨味たっぷりで美味。これを、卵の黄身と特製ポン酢で頂きます。ごはんは熱々です。そして、最後が「釜揚げしらす3色丼」釜揚げしらす、ネギトロ、いくらが載った丼。こちらは、ごはんを赤酢で仕上げています。ネギトロやが生の海産物なので、ごはんも熱々ではなくて、ほんのりと温かい程度でまとめています。釜揚げしらずの味わいはもちろんいいですが、ネギトロやいくらの鮮度も良く、まさに、ヤミツキの味です。

DATA

しらす問屋 とびっちょ

住所 神奈川県藤沢市江の島1-6-7
電話 0466-23-0041
営業 11:00~21:00(20:00L.O.)
定休日 無休
料金 しらすのかき揚げ1枚850円、釜揚げしらす丼890円、釜揚げしらす3色丼1,350円

オープンから夜までずっと行列が続く、大の人気店。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

4軒目

サーフカルチャーの活きる 湘南・七里ガ浜でハワイを感じる

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • TRANSIT GENERAL OFFICEが手がけるドライブインカフェ「Pacific DRIVE-IN(パシフィック ドライブイン)」。

  • ハワイのローカルが朝からドライブインで朝食を食べているようなリラックスした気分を、ここ七里ガ浜でも楽しめると評判です。

  • 「NAKAMURA GENERAL STORE」はJUN NAKAMURAが監修。店内ではスコーンもテイクアウェイできます。

  • 「ガーリックシュリンププレート」が登場!ライスは、白米と玄米のブレンド。豆や野菜を煮込んで作成するチリコンカンもGOOD!

  • 濃厚でいて爽やかなガーリック醤油テイストのシュリンプは、新鮮でプリップリ。大きくて食べ応えもあります。

TRANSIT GENERAL OFFICEが手がけるハワイアンプレートランチをコンセプトにしたドライブインカフェ『Pacific DRIVE-IN(パシフィック ドライブイン)』。駐車場370台を備える七里ヶ浜海岸駐車場の中央に位置し、134号線沿いの海側にあります。ハワイのローカルが朝からドライブインで朝食を食べている……。そんなリラックスした気分を、ここ七里ガ浜でも楽しめると評判です。フードメニューはハワイ、カフクの名物「ガーリックシュリンププレート」や豚肉を4時間蒸し焼きにし、キャベツと炒めたハワイで伝統的なプレート「カルアピッグ&キャベジプレート」など。ハワイでプレートランチやスコーンの名店として知られる「Diamond Head Market & Grill」にてペストリーを担当していた「NAKAMURA GENERAL STORE」JUN NAKAMURAが監修しています。今回いただいたのは、「ガーリックシュリンププレート」。濃厚でいて爽やかなガーリック醤油テイストのシュリンプが、新鮮でプリップリ。大きくて食べ応えもあります。ライスは、白米と玄米のブレンド。添えられている、豆や野菜を煮込んで作成するチリコンカンも箸休め的にGOOD。いただけばいただくほどに、目の前の七里ヶ浜が、ノースショアに見えてきます。

DATA

Pacific DRIVE-IN(パシフィック ドライブイン)

住所 神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2-1-12
電話 0467-32-9777
営業 8:00~10:30(モーニング)、11:00~20:00(19:30L.O.)
定休日 無休
料金 レモネード 600円(税別)、ガーリックシュリンププレート1,250円(税別)

ちなみに店内は48席ですが、晴れた日には40席あるテラス席もオススメです♪おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

5軒目

アイダホポテトのフレンチフライにシェイクがぴったり

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • サーフショップやジュエリーショップなどが入居するビルの1階に「Potatis(ポタティス)」は、あります。

  • 店内はテーブル&椅子のイートインスペースもあり、また、テイクアウトも可能です。

  • 定番のフレンチフライです。けっこう厚みがあって、じゃがいも本来のほくほくっとした感じも残っていて、美味しい!

  • ディップも12種類。ポテトにひとつついてきますが、追加でもう1種類の、合計2種類にしました。今回は、明太マヨとアボカド。

  • 最近は新作のヨーグルトシェイクが大評判。プレーンでもいいですが、ラズベリーとブルーベリーをトッピング!

江ノ島電鉄七里ヶ浜駅から徒歩約3分。海へ向かい、国道134号線を右に曲がれば、すぐ。サーフショップやジュエリーショップなどが入居するビルの1階に「Potatis(ポタティス)」は、あります。こちらは「フレンチフライ」と「シェイク」が二枚看板。フレンチフライは、アイダホポテトを使用し、スティック、ウェッジ、ミニなど5種類あります。その中から、今回はスティックをいただきました。じゃがいもと塩を練り合わせてスティック状にした、定番のフレンチフライです。けっこう厚みがあって、じゃがいも本来のほくほくっとした感じも残っていて、美味しい!ディップも12種類あります。明太マヨ、チェダーチーズ、ダークチョコレートなど。そして、「シェイク」。定番はバニラシェイクですが、最近は新作のヨーグルトシェイクが大評判とかで、そちらにしてみました。プレーンでもいいですが、ラズベリーとブルーベリーをトッピング。最初は、結構、重たい!と思いましたが、気が付けば止まらなくなって、暫くしたら飲みほしてました!スゴイな、ヨーグルトテイストだから飲みやすさもありますね!

DATA

Potatis(ポタティス)

住所 神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-3-12 KAMAKURA310ビル 1F
電話 0467-32-1177
営業 9:30~18:00(17:30L.O.)
定休日 木曜日、第2、4水曜日
料金 フレンチフライL600円+追加ディップ1つ100円、ヨーグルトシェイク+ラズベリー、ブルーベリー650円

「フレンチフライ」と「シェイク」が二枚看板。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

6軒目

七里ヶ浜を眺めながら、リラックスした時間と食事を

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • オープンは2008年。そして2015年にリニューアル。コンセプトは「beach-house dining room」。

  • 白を基調としたシンプルな内装デザイン。店内62席、テラス20席と、以前よりも増席し、多くの人々が楽しめる空間になっています。

  • 「フルオージーブレックファスト」。ニューヨークタイムズ紙で“世界一の卵料理”と称されたオーガニックスクランブルエッグなど。

  • 「ステーキサンドイッチ」は、程よいボリューム感と美味しさで大満足。

  • 「パブロバ」は、オーストラリアなどの伝統的スイーツ。基本はメレンゲ生地で、大きいですがサクサクなのでひとりでもイケます!

1993年にオーストラリア・シドニー郊外のダーリングハーストにオープンした「bills」。ビル・グレンジャーの作り出す料理は、独創性を持ちながら新鮮な素材を活かしたシンプルさが特徴で、瞬く間に大評判となりました。その日本1号店が、こちら七里ヶ浜にあります。今回いただいたのは、「フルオージーブレックファスト」。ニューヨークタイムズ紙で“世界一の卵料理”と称され、ビルの名を世界的に広めたオーガニックスクランブルエッグのほか、ベーコン、ローストトマト、フェンネルソーセージ、マッシュルーム、そしてトーストが載っています。ふわっふわのスクランブルエッグなどを頂いて、朝食から優雅な気分に。さらに「ステーキサンドイッチ」は、カンパーニュのブレッドにアリオリソース、オージービーフ、シソ、クレソン、エリンギなどにタラゴンオイル、そしてオニオンリング。これらをサンドイッチで味わえば、程よいボリューム感と美味しさで大満足。内装デザイン、インテリア、メニューなど、全てにビル・グレンジャーのルーツや、“今”のこだわりが詰まっていて、全世界で愛される「bills」の要素が散りばめられていました。

DATA

bills 七里ヶ浜 (ビルズ しちりがはま)

住所 神奈川県鎌倉市七里ヶ浜1-1-1 WEEKEND HOUSE ALLEY 2F
電話 0467-39-2244
営業 7:00~21:00(火〜日)※Food20:00L.O./Drink20:30L.O.、7:00ー17:00(月)※Food16:00L.O./Drink16:30L.O.
定休日 不定休
料金 フルオージーブレックファスト2,000円、ステーキサンドイッチ2,000円、パブロバ1,000円

全世界で愛される「bills」。その要素が散りばめられています。おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

7軒目

老舗の喫茶店で ホットケーキに驚く

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • JR横須賀線鎌倉駅から徒歩約2分。小町通りを入るとすぐ右手にある「イワタ珈琲店」。

  • 88席、そしてテラスもある広々とした喫茶店ですが、もともとは長屋の1軒。1948年(昭和23年)には喫茶店になっていたそう。

  • モーニングからランチまで様々な料理やスイーツがありますが、名物とも言えるのが「ホットケーキ」。見てください、この厚み!!

  • バターも合いますが、メープルシロップもぴったり。ボリュームたっぷりなので、みんなでシェアする方が多いそう。

  • 「イワタオリジナルブレンドコーヒー」。キャラバンコーヒーの前身であるミカド商会の頃からのオリジナルブレンドです。

JR横須賀線鎌倉駅から徒歩約2分。小町通りを入るとすぐ右手にある「イワタ珈琲店」。今では88席、そしてテラスもある広々とした喫茶店ですが、もともとは長屋の1軒で、戦後にフレンチ出身の岩田光之さんとふみ子さんで創業して、進駐軍にステーキなどを提供していました。でも1948年(昭和23年)にはすでに喫茶店になっていたそう。まさに老舗の喫茶店です。『イワタ珈琲店』には、モーニングからランチまで様々な料理やスイーツがありますが、名物とも言えるのがとても分厚い「ホットケーキ」。もともと分厚かったのですが、十数年前にスタッフがどこまで厚くできるか研究を重ねて、今のタイプになったそう。ひと口味わえば、表面の香ばしさ、そして中側のしっとりとした食感が印象的。バターも合いますが、メープルシロップもぴったり。ボリュームたっぷりなので、みんなでシェアする方が多いそう。また、「イワタオリジナルブレンドコーヒー」も定番の美味しさです。味、甘味、酸味、コクがバランスよく組み合わさっていて、幅広い年齢層に支持される、そんな味わいです。

DATA

イワタ珈琲店 (いわたこーひーてん)

住所 神奈川県鎌倉市小町1-5-7
電話 0467-22-2689
営業 10:00~18:00(ホットケーキは17時まで)
定休日 火曜、第2水曜日
料金 ホットケーキ800円、イワタオリジナルブレンドコーヒー 600円

名物とも言えるのが「ホットケーキ」。見てください、この厚み!おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

8軒目

約40年続く ずっと変わらぬ 行列のカレー店

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 鎌倉の小町通りを鶴岡八幡宮方面へと歩き、ちょっと右に入ったところに、レトロな一軒家があります。カレー専門店「キャラウェイ」。

  • メニューを拝見すれば、ビーフ、チキン、ポークと、至ってシンプル。この潔さも素敵です。ずっと変わらぬ味を守り続けています。

  • 「ビーフ」。鶏ガラスープがベースになっていて、そこに小麦粉やラード、そして14種類のスパイスで構成されたカレーソースです。

  • ライスとのバランスも、まさに秀逸。しかもボリュームたっぷりです。なんと、ライスは550g!このボリューム感も人気の秘訣。

  • サラダ付きで760円と、お得!卓上の福神漬けや沢庵の千切り、フルーツチャツネ、ピーマンの塩漬けで、味の変化も楽しめます。

鎌倉の小町通りを鶴岡八幡宮方面へと歩き、ちょこっと右に入ったところに、レトロな一軒家があります。カレー専門店「キャラウェイ」。創業は、もう40年前。自宅のガレージを改装して始めたカレー店は、瞬く間に評判となり、店舗の後ろ側も改築して、席数を広げ、それでも行列になる人気店となりました。メニューを拝見すれば、ビーフ、チキン、ポークと、至ってシンプル。この潔さも素敵です。ずっと変わらぬ味を、ずっと守り続けています。今回は「ビーフ」をオーダー。鶏ガラスープがベースになっていて、そこに小麦粉やラード、そして14種類のスパイスで構成されたカレーのソースが、別のカレー容器に入って登場です。甘味としょっぱさ、酸味、コク、全てがぎゅっと詰まった濃厚な味わいと口あたりは「さすが」という言葉がぴったり。オープンするまでは数か月間研究なさって、近所のいろんな方に試食してもらって、いろんな意見を聞いたのだとか。ライスとのバランスも、まさに秀逸。しかもボリュームたっぷりです。なんと、ライスは550g!このボリューム感も人気の秘訣。しかも改めて価格を見てびっくり。サラダ付きで760円と、お得!

DATA

キャラウェイ

住所 神奈川県鎌倉市小町2-12-20
電話 0467-25-0927
営業 11:30~19:30
定休日 月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
料金 ビーフ(サラダ付き) 760円

店名は、キャラウェイシードというスパイスの名前が由来だそうです。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

9軒目

由比ガ浜の隠れ家的な雰囲気も魅力

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 由比ガ浜の路地裏にある「La cocina de Gen(ラ コシーナ デ ゲン)」。 前面がガラス貼りで開放感のある一軒家です。

  • 和の趣きとヨーロッパ的な雰囲気が融合したような店内は、もともと魚屋さんだったのを改装したのだとか。

  • 店内には、ピッツァを焼く石釜が。「ハモンイベリコの生ハムとルッコラのピッツァ」。ハモンイベリコの生ハムは24か月モノだそう。

  • 「鮮魚のカルパッチョ」。朝採り鮮魚が夕方に届くスタイルで、今日は真鯛。魚も寝かせるものと、すぐに使用するものがあるそう。

  • ワインはグラスで550円~900円ほど。スペインが多いですが、フランス、イタリア、ドイツなど、ヨーロッパのものが揃っています。

鎌倉駅から徒歩約10分。由比ガ浜の路地裏にある「La cocina de Gen(ラ コシーナ デ ゲン)」は、前面がガラス貼りで開放感のある一軒家です。シェフは、菊地 元さん。料理人なら一度はその素晴らしさに感動する鎌倉の地場野菜。この朝採り野菜の生命力をそのまま皿の上に表現すること、目前に拡がる海の香りを存分に感じながら豊富で新鮮な魚介をシンプルに味わって頂くことを大切に、スペイン料理のエッセンスを取り込んだカジュアルなメニューを提供しています。鎌倉の素材の良さをまっすぐに活かす「美味しいごはん」とフレンドリーなサーヴィスで温かく迎えてくれる台所。それがコンセプトのようです。今回いただいたのは、「ハモンイベリコの生ハムとルッコラのピッツァ」。麺棒を使わずに手で延ばした生地に、モッツァレラやパルメジャーノといったチーズ、そしてEXバージンオリーブオイルとブラックペッパーで仕上げたピッツァです。また、「鮮魚のカルパッチョ」には、鮮魚の下には生海苔のジュレが。朝採りの鮮魚が夕方に届くスタイルで、この日は真鯛でした。

DATA

La cocina de Gen (ラ コシーナ デ ゲン)

住所 神奈川県鎌倉市由比ガ浜1-12-7
電話 0467-38-5441
営業 11:30~15:00(14:00 L.O.)、17:30~22:00(21:00 L.O.)、土日祝 11:30~17:00(16:30L.O.) ※スタンディング営業、18:00~21:00(20:00 L.O.)
定休日 毎週水曜日、第2火曜日
料金 ワイン グラ550~900円くらい、ハモンイベリコの生ハムとルッコラのピッツァ1,380円、鮮魚のカルパッチョ1,000円

男女問わず、幅広い客層に人気です。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

番外編

創業・元禄年間。 名物「力餅」を、ぜひ

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 「力餅家」は、創業が江戸時代の元禄年間ですから、もう300年以上の歴史を誇ります。おそらく鎌倉最古の現存する和菓子屋さん。

  • 「権五郎力餅」が名物。つきたてのお餅に餡を載せたもので、ずっと変わらず大評判。

  • 「権五郎力餅」が名物。つきたてのお餅に餡を載せたもので、ずっと変わらず大評判。

  • 「権五郎力餅」が名物。つきたてのお餅に餡を載せたもので、ずっと変わらず大評判。

  • 柔らかいお餅の食感と程よいよもぎの風味、そして上品なこしあんの甘さで、まさに後引く味わいです。

さて、今回も番外編です。鎌倉は歴史があるので、和菓子やさんも老舗が多いです。中でもこちら「力餅家」は、創業が江戸時代の元禄年間ですから、もう300年以上の歴史を誇ります。おそらく鎌倉最古の現存する和菓子屋さん。鎌倉大仏で有名な長谷寺の近くに位置していますが、この界隈は権五郎景政の霊を祀る古社、御霊神社があり、参道だったとか。影政は鎌倉武士の鑑といわれた名将で、御霊神社の境内には、景政が手玉にとったと伝えられる「手玉石」(28貫、約105kg)と「袂石」(16貫、約60kg)があります。そんな言い伝えから生まれた「権五郎力餅」が名物。つきたてのお餅に餡を載せたもので、ずっと変わらず大評判。しかし実は、3月~5月は、草餅バージョンへと変身します。朝から手作業で作られる「権五郎力餅」は、お餅のほうに新潟のもち米を使用。そこに、今の時期だけ、国産よもぎの葉を茹でて加えた草餅になっています。そして、上には、北海道産小豆や砂糖などで作成したこしあん。柔らかいお餅の食感と程よいよもぎの風味、そして上品なこしあんの甘さで、まさに後引く味わいです。

DATA

力餅家 (ちからもちや)

住所 神奈川県鎌倉市坂ノ下18-18
電話 0467-22-0513
営業 9:00~18:00
定休日 水曜、第3火曜日
料金 権五郎力餅10個入り670円

ほかにも「求肥力餅」や全国から厳選し、取り寄せた煎餅なども。ぜひ鎌倉に来たら、立ち寄りたい1軒です。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

全体マップ

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

ClipRanking

関東

人生=旅。60か国を巡った実業家・本田直之が教える成功の秘訣

下準備なしが面白い。モンベル創業者が教える意外な「旅」の流儀

冬にこそ、 会いに行きたい動物たち

初心者もOK。プロ写真家直伝「旅が楽しくなる」撮影のコツ10

あの名物TV企画も旅から誕生。プロが集ったトークイベント開催

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ