長崎・ご当地グルメ2泊3日の旅

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

テレビの番組レポートや雑誌記事の執筆、飲食店プロデュースなどを行うフードジャーナリスト。
日本をはじめ世界20数カ国の料理を研究し、取材軒数は6,500軒を超える。

グルメの旅レポーター はんつ遠藤

こんにちは、はんつ遠藤です。僕はフードジャーナリストとして各地のさまざまなグルメを追求しています。そんな僕が、JALに乗って全国各地さまざまな場所へと伺います。題して、JAL×はんつ遠藤 コラボ企画! 今回は長崎編。長崎市へ2泊3日で行ってきました。江戸時代の鎖国の頃から出島を介して外国と触れ合えた長崎は、市内随所に歴史を感じさせる建築物が数多く残っています。そして料理的にもカステラやちゃんぽん、トルコライスなど、ご当地グルメがたくさん。もちろん美味しい飲食店もたくさんあり、しかも幅広き方向性もあり、回れば回るほど奥深さを感じます。というわけで、今回も旅が始まります!

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

1軒目

江戸町に輝くまろやか白湯ラーメン。夜はもつ鍋も!

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 個性的な店舗が並ぶ江戸町商店街の一画にあります。洒落た木のぬくもり漂う店内。築約70年の木造住宅をリフォームなさったそう。

  • 「白」。麺は自家製の細ストレートタイプ。するりとしたのど越しがGOOD!

  • 「黒」。白と同じ白湯スープですが、こちらは醤油だれ&マー油(焦がしニンニク油)で仕上げているので、より濃厚なコクと旨みが。

  • 「汁なし担々麺」。辛さは小、中、大、激から選べます。少し残して最後にごはんと合わせれば、さらに楽しめますねー!

  • 「麻辣担々麺」(マーラータンタンメン)。練り胡麻を使った濃厚スープが麺に絡みます。肉味噌も旨し。辛さが小、中、大、激あり。

つい最近まで長崎の麺料理といえば、ちゃんぽんが席巻しておりました。今でももちろん人気ですが、最近どんどん増加しているのがラーメン。市内には100軒を超えるラーメン店が存在し、しかも味も千差万別です。その中から向かったのは「BABAKE」(ババケ)。メニューを拝見すれば、ラーメンが3種類。まずは「白」。ベースはトンコツ&鶏ガラ。丁寧に下処理したのちに、長時間煮込んだスープ。そのため、臭みがなく、濃厚かつまろやかな仕上がりです。白は、塩だれで、ネギ油を少し効かせています。つぎに「黒」。白と同じ白湯スープですが、こちらは醤油だれ&マー油(焦がしニンニク油)で仕上げているので、より濃厚なコクと旨みが。そして「汁なし担々麺」。広島などでは一大ブームを巻き起こしている汁なし担々麺ですが、長崎にあるとは思ってもみなかったので、びっくり。とはいえ、味付けはオリジナル。温泉玉子的な半熟玉子が載っているので、割ってよく混ぜ合わせていただけば、まろやかな辛さを堪能できます。さらに、「麻辣担々麺」(マーラータンタンメン)や夜限定メニューの「らーめん屋さんのこだわりもつ鍋」もあります!

DATA

BABAKE (ババケ)

住所 長崎県長崎市江戸町6-13
電話 095-820-8801
営業 12:30~14:00 18:00~スープなくなり次第終了
定休日 祝日の夜・日曜の夜・ほか不定休
料金 BABAKEらーめん 白650円、BABAKE らーめん 黒650円、汁なし担々麺700円

「らーめん屋さんのこだわりもつ鍋」も気になります。今度、夜にも来たいです!おいしかった! ごちそうさまでした!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

2軒目

パスタが人気!築町の隠れ家的なイタリア料理店

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 長崎県庁に程近い築町で、白を基調としたレンガが素敵なトラットリア「LA VENTURA」(ラ ベントゥーラ)。

  • ワインは常時30~40種類。殆どがイタリアワインですが、シャンパンも。

  • ランチパスタの一例。「ツナと長ねぎのカチョ・エ・ペペ」。カチョはチーズ、ペペはブラックペッパー。シンプルですが人気あり。

  • ディナーは、4,500円、6,000円、その他、オーダーで、変えることも可能。こちらは「前菜盛り合わせ」。

  • 「あさりのトマトソーススパゲッティ」など、さまざまなメニューを味わえます。

長崎県庁に程近い築町で、白を基調としたレンガが素敵なトラットリア「LA VENTURA」(ラ ベントゥーラ)。オーナーシェフの本田光義さんは、東京のイタリア料理店で腕をふるい、長崎に戻ってからもイタリア料理店を経て、こちらを任され、今年2016年に引き継いだそう。奥様と2人でなさっていることもあり、ランチはカジュアルな感じですが、ディナーは1日4~5組のみ。ゆったりとしたスタイルです。ランチは「Espresso」と名付けられた、自家製フォカッチャ、スープ、サラダ、パスタ、カフェのコースで900円。ほかにも1,200円、1,500円、2,800円のコースあり。今回味わった「ツナと長ねぎのカチョ・エ・ペペ」は、ランチの一例。カチョはチーズ、ペペはブラックペッパー。シンプルですが人気があります。ディナーは、4,500円、6,000円、その他、オーダーで、変えることも可能。「あさりのトマトソーススパゲッティ」や「季節野菜とアンチョビのペペロンチーノ」などがおすすめです。食材は国産にこだわっているそう。近くには有名な築町市場があるので、自ら魚を仕入れたり、島原の食材を扱う八百屋さんから仕入れたりするそうです。

DATA

TRATTORIA LA VENTURA(トラットリア ラ ベントゥーラ)

住所 長崎県長崎市築町1-5 クレール築町1F
電話 095-801-5455
営業 11:30~15:00(14:30L.O.) 18:00~23:00(21:30L.O.)
定休日 不定休
料金 ランチ900円~、ディナー4,500円~

ちなみにVENTURAは運命とか出会いという意味。ランチは予約推奨、ディナーは要予約です。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

3軒目

美味しくてリーズナブルで深夜まで営業!大評判の寿司店

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 店内はThe寿司店という雰囲気。ご主人は入江俊尚さん。店舗を構えてもう25年目。社長さんや先生なども足繫く通う寿司店です。

  • ネタには団扇海老(うちわえび)も。僕は以前に長崎県平戸市で初めて目にしました。長崎以外では滅多にみかけないですね~。

  • 今回、いただいたのは「上」1,700円。ひらす(ひらまさ)やマグロ、鯛など。平戸の赤ウニは甘くて、ねっとりとした口あたり。

  • そして、これが長崎の鉄火巻。「白鉄火」と言って、ひらす(ひらまさ)でした。

  • 「くじらの自家製ポン酢」。“さえずり”と言って、くじらのタン(舌)の部分。生を仕入れて湯がいているそうで、柔らかくて美味!

長崎随一の繁華街、特に夜になればネオンがきらめくのが銅座町周辺です。その銅座観光通りの春雨交差点から銅座橋へと曲がってすぐの通り沿いにあるのが「すし処 小吉 銅座店」。ご主人は入江俊尚さん。店舗を構えてもう25年目だそう。「東京の板橋に「栄寿司 小吉」というお店があって、そこで修業したんです」と入江さん。なんでも、会長が寿司業界ではとても凄い方だったとか(現在は閉店)。もちろん、こちら銅座店も有名店で、企業の社長さんや先生なども足繫く通う寿司店として知られています。今回、握っていただいたのは、上1,700円。長崎の繁華街で社長さんクラスが訪れるお寿司屋さんと聞けば、数万円なイメージだったかもしれません。でも、こちらは美味しくて、しかもリーズナブル!ひらす(ひらまさ)やマグロ、鯛など。一貫が大きくて食べ応えがあります。ちなみに醤油は、地元のチョーコーの刺身醤油。さすが、長崎ですね~。そんな美味なる上寿司をいただいていると、つぎに登場したのが「くじらの自家製ポン酢」1,000円。“さえずり”と言って、くじらのタン(舌)の部分。かつおだしの効いた自家製ポン酢で。生を仕入れて湯がいているそうで、柔らかくて美味!素敵な1軒に出会えました。

DATA

すし処 小吉(こきち) 銅座店

住所 長崎県長崎市銅座町6-8
電話 095-821-9482
営業 18:00~翌3:00
定休日 日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業、祝日休み)
料金 上 1,700円、福鶴 生650円、VALDIVIESO(スパークリングワイン)1,300円、BOLLA SOAVE(白)1,500円、くじらの自家製ポン酢 1,000円

リーズナブルで深夜まで営業。素敵な1軒に出会えました。おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

4軒目

長崎港ターミナルで、朝7時からうどんが味わえる!

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 五島列島や伊王島などへの船が発着する長崎港ターミナルの1階にあるのが、うどん屋さんの「南蛮亭」。

  • ご主人の米津栄司さんは3代目。店内には立ち食いコーナーのほかテーブル席もあり、ゆっくりとうどんを堪能することもできます。

  • 今、人気沸騰中の「ごぼう天うどん」。彩りも美しい!麺は、つるんと優しい味わい。食べやすさも魅力です。

  • 存在感のあるごぼう天もいいですね!細切りで、案外、食べやすいです。衣が徐々に汁に溶けて、汁の深みが増していくのもポイント。

  • 「ドラゴンうどん」。一味唐辛子などがベースのミンチを作り、汁と一緒に炊くことで完成するそう。ダシと辛味のバランスが良好。

長崎県には五島列島や伊王島などの島があり、長崎港ターミナルから船で行くことができます。ユネスコ世界文化遺産に登録された軍艦島への周遊&上陸コースも。そんな長崎港ターミナルの1階にあるのが、うどん屋さんの「南蛮亭」。店内すぐには立食コーナーがあり、サッと味わえるのが嬉しいです。ご主人の米津栄司さんは3代目。もともと旅館を経営なさっていた祖母が、昭和44年にターミナルのところに屋台で店を構えたのがはじまりだそう。うどんメニューは、いろいろあります。五色うどんが定番で、ずっと人気だそうですが、今回ご紹介するのは、今、人気沸騰中の「ごぼう天うどん」。汁は、カツオを2種類ブレンドし、昆布も使用。長崎ならではのチョーコー醤油(うすくち)仕立てで、はんなりとした味わい。麺は、つるんと優しい味わい。食べやすさも魅力です。存在感のあるごぼう天もいいですね!細切りで、案外、食べやすいです。衣が徐々に汁に溶けて、汁の深みが増していくのもポイント。そのほか、辛いタイプの「ドラゴンうどん」も女性に大人気なんだとか。港ターミナル内で、真面目なうどん屋さんに出会いました。

DATA

南蛮亭

住所 長崎県長崎市元船町17-3 長崎港ターミナル1F
電話 095-821-9141
営業 7:00~17:00
定休日 無休(元旦、1月2日のみ休み)
料金 ごぼう天うどん550円、ドラゴンうどん650円

長崎港ターミナル内で、真面目なうどん屋さんに出会いました。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

5軒目

眼鏡橋のたもとで、おじやセットをいただく

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 長崎を代表する観光名所である眼鏡橋から至近、中島川に面した通り向かいにあるのが「一二三亭」です。

  • 店内には明治29年の創業当時の木製の看板などが飾られています。空襲などにも逃れたということですね。貴重な看板です。

  • 「おじやセット」をいただきました!見ているだけで、ごまの風味や美味しさを感じられます。青ネギの彩りもGOOD!

  • 一口いただけば、おお、ダシの効いた美味しさです。ふうふう、といいながら、味わいます。

  • 竜田揚げのような唐揚げも香ばしい&アツアツ。

長崎の中島川に架かる眼鏡橋は、観光スポットとしても特に有名。もともとは寛永11年(1634年)に興福寺の黙子如定禅師が架設したといわれ、日本初のアーチ式石橋でもあります。その眼鏡橋から至近、中島川に面した通り向かいにあるのが「一二三亭」です。花街のあった丸山で明治29年に創業し、昭和33年くらいに思案橋へと移転。現在の地は平成7年からだそう。ご主人の尾崎至さんは4代目。東京の大学を出てから大阪で修業を積んで、長崎の料亭での経験を経て、家業に入ったそう。こちらは郷土料理とおじやが有名なのですが、特にランチタイムは、おじやが大評判。今回は「おじやセット」をいただきました。普段、巷で見かけるおじやとは、全然違う、洗練されたルックス。一口いただけば、おお、ダシの効いた美味しさです。前日に硬めにおかゆを炊き、冷蔵庫で寝かせ、カツオ節や昆布、しお、そしてやはりチョーコー醤油(うすくち)がベースのダシを合わせて炊きだした一品。夜は、卓袱料理の牛かんや、日本料理的な角煮、お刺身、鍋物など一品料理も味わえます。

DATA

一二三亭(ひふみてい)

住所 長崎県長崎市古川町3-2
電話 095-825-0831
営業 12:00~14:00、17:30~21:30(L.O.)
定休日 不定休
料金 おじやセット700円

夜は、卓袱料理の牛かんや、角煮、お刺身、鍋物など一品料理も。おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

6軒目

伝説のからあげ復活!一口餃子も美味

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 一口餃子の老舗「宝雲亭 本店」の女将、井上るりさんの尽力によって、長崎っ子のソウルフードともいえる伝説のからあげが復活!

  • 秘伝のタレを用いた「からあげ 骨付き」。そのままでもイケますが、ソースとの相性も抜群です。

  • 「絶品もも焼き」。塩とタレがありますが、塩で。食べ応えがありますね!ガブッといっても良いですし、切ってもらうことも可能。

  • 「すなずり」。こちらも塩とタレがありますが、塩が特にオススメ。コリコリっとした食感が、たまりません!

  • 長崎一口餃子の元祖である「宝雲亭 本店」の「焼きぎょうざ」もオーダー可。外がパリッと、中がジューシー。餡は挽肉&野菜。

かつて思案橋界隈に、長崎っ子のソウルフードともいえる、有名な鶏のからあげ屋さんがありました。残念ながら2014年に閉店。あの味は、もう食べられないのかと、長崎の人々は残念がっておりました。まさに、伝説のからあげ。その味が、1年後に復活。一口餃子の老舗「宝雲亭 本店」の女将、井上るりさんが一肌脱いで、当時の職人さんを招聘して、新店「とり福」として、立ち上げたのです!秘伝のタレを用いた「からあげ 骨付き」は、 国産ハーブ鶏のひなどりを用いていて、柔らかく、ジューシーな味わい。しっかりとした味付けで、ビールにぴったりです。ラードでカラッとクリスピーに香ばしく揚げています。様々な部位があるので、各々、楽しめます。さらに「とり福」の凄さは、伝説の味を堪能できるのはもちろん、長崎一口餃子の元祖である「宝雲亭 本店」の「焼きぎょうざ」もオーダーできてしまう点。「焼きぎょうざ」は、皮が薄く、一口餃子なので食べやすいのも魅力。パクパクと何個も食べられてしまいます!

DATA

とり福

住所 長崎県長崎市銅座町8-9
電話 095-822-3858
営業 17:00~23:30(L.O.)
定休日 不定休
料金 からあげ 骨付き520円、絶品もも焼き520円、すなずり(5本)420円、焼きぎょうざ420円

伝説のからあげを堪能できるのはもちろん、「宝雲亭 本店」の「焼きぎょうざ」も味わえます。おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

7軒目

クルマで40分かけても、お刺身定食を求めて行くべき

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 市場内の食堂なので、以前は関係者のみが利用できるスタイルでしたが、10年ほど前から一般のお客様も受け入れることが可能に。

  • 女将さんである寺中恵美子さんは3代目。おかずコーナーもいいですね。健康的な料理が並んでいます。

  • 「お刺身定食 鯛のあら汁付き」1200円! 相当お得じゃないですか!お刺身だけでも、はまちや鯛、カツオ、ぶりなど10点盛り。

  • しかも、地元で採れたアジのフライが付いています。

  • 大きな鯛のあら汁も付いて、1200円…。まさに相当お得。しかも鮮度も抜群。もう、大満足です。

「長崎市の魚市場に、海産物が美味しい食堂がある」そう聞いたら、行かずにはいられません。長崎市といっても京泊という地名で、長崎駅から車で約40分!でも、せっかくなので行ってきました。お目当ては「長崎 水産食堂」。 昭和22年の創業で、以前は関係者のみが利用できるスタイルでしたが、10年ほど前から一般のお客様も受け入れることが可能に。女将さんである寺中恵美子さんは3代目。女性のみで切り盛りなさっています。今回注文したのは、「お刺身定食 鯛のあら汁付き」。お刺身だけでも、はまちや鯛、カツオ、ぶりなど10点盛り。さすがは魚市場の食堂。しかも、地元で採れたアジのフライや大きな鯛のあら汁も付いて、1,200円。まさに相当お得。しかも鮮度も抜群。大満足です。伺えば、空港からタクシーで来るお客様もいるとか。料理家の道場六三郎さんや、料理学校を運営なさっている服部幸雄先生も来られたとか。長崎駅から車で約40分。それでも来るだけの価値がある1軒でした!

DATA

長崎 水産食堂(ながさきすいさんしょくどう)

住所 長崎県長崎市京泊3-3-1 A-26
電話 095-850-3751
営業 6:00~14:00(13:30L.O.)
定休日 日曜日、魚市場臨時休業日
料金 お刺身定食 鯛のあら汁付き1,200円、甘鯛の姿あげ550円

長崎駅から車で約40分。それでも来るだけの価値がある1軒でした!おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

8軒目

石畳ショコラのほか、ジェラートなども大評判

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 宮殿のような門をくぐれば、そこには、スイーツの魅惑の空間が広がっています。

  • 時津店では、洋菓子や和菓子のほか、デニッシュやハード系、調理パン、クロワッサンなども販売なさっています。

  • 「世界一のジェラートマイストロを選ぶ大会」ジェラートワールドツアーで、東アジア代表選考会(日本・韓国・台湾)で第3位に。

  • 長崎・出島発「ふわとろムースプリン」なども人気。

  • 一番有名な商品が「グラバー園の 石畳ショコラ」です。

長崎は古くからカステラなどのスイーツが浸透していたせいか、市内各地に美味なる洋菓子・和菓子店が多いです。中でも最近、特に人気なのが「アリタ」。昭和43年、先代の有田史郎氏が「有田菓子舗」を現在の道ノ尾店にカステラ・饅頭など和菓子を専門として開店。現在は2代目の有田好史氏が社長です。市内に6店舗ありますが、今回は時津店をご紹介します。デニッシュやハード系、調理パン、クロワッサンなども販売するこちらのお店では、24種類のジェラートを用意。「世界一のジェラートマイストロを選ぶ大会」ジェラートワールドツアーで、東アジア代表選考会(日本・韓国・台湾)で、なんと第3位に輝いたそうで、実力は折り紙付きです。また、「アリタ」で一番有名な商品が「グラバー園の 石畳ショコラ」。カステラ文化で育ったパティシエが焼き上げる生地へのこだわりがこの石畳ショコラにも活かされています。美味しさの秘密は、しっとりビターなショコラ生地、北海道産牛乳のフレッシュクリーム、甘く豊かに香るバニラ生地、口どけの良いアーモンド入りショコラムースといった、ふんわり4層の美味しさを3層のチョコレートがコーティングしています。

DATA

アリタ 時津店

住所 長崎県西彼杵郡時津町元村郷松山406-1
電話 0120-111-999
営業 9:00~20:00
定休日 無休

美味なる洋菓子・和菓子店が多い市内で最近、特に人気が高い「アリタ」。市内に6店舗あります。

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

9軒目

お客様の要望を受け入れ続けた結果、トルコライスが186種類に

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • トルコライスを味わうなら「ニッキー・アースティン」が、絶対のオススメです!

  • 創業者である濵口潔さんも厨房でソースづくりなどをなさっていますが、現在、前面に立って切り盛りするのは息子の濵口託也さん。

  • トルコライスが186種類に。スゴイ数です。迷いに迷って、73番をオーダー。熱々の鉄板で提供されるトルコライスは、初めてです。

  • これが煮込みメンチバーグ。手作りで、安心安全リーズナブルな点も素敵です。食材は極力、国産。もちろんルウも手作り。

  • 「第1回コロッケグランプリ 西日本クリーム部門」で金賞を受賞したコロッケ。しっかり濃厚なクリーム感が楽しめます。

長崎のご当地グルメといえば、ちゃんぽん、皿うどん。そして、忘れちゃならないのがトルコライス。発祥の説もネーミングの説も多様ですが、豚カツ・チャーハン(もしくはカレーピラフ)・スパゲッティ・サラダを一つの皿に載せた料理のメニューというのが基本形、ともいわれています。そのトルコライスを味わうなら「ニッキー・アースティン」が、絶対のオススメです!創業は1973年。もともとはサラダ専門店としてスタートしたそうですが、サイドメニューも欲しいねと言われてメニューに加わり、バケットと一緒に提供したり、コロッケも加わったり。お客様の要望でソースも作ってみたりしているうちに、20年前くらいにトルコライスが登場。さらにそんな優しさあふれる対応を続けた結果、気が付いたらトルコライスが186種類!スゴイ数です。今回は、迷いに迷って73番の「熱々ドリアと鉄板トルコ」の「白い御飯に、カレーとホワイトソースのチーズカレードリア」のコロッケ2種類と煮込みメンチバーグ、をオーダー。ニッキー・アースティンのスゴイところは様々ですが、全てに手作りで、安心安全リーズナブルな点も素敵です。食材は極力、国産。もちろんルウも手作り。トルコライスって、いろんな料理が一皿に凝縮されていて、いろんな味を堪能できる利点がありますね。しかも手作りの良さが全面に!

DATA

ニッキー・アースティン

住所 長崎県長崎市浜町2-20
電話 095-824-0276
営業 11:00~21:20(20:40L.O.)、日11:00~21:20(20:30L.O.)
定休日 無休
料金 「熱々ドリアと鉄板トルコ」の「白い御飯に、カレーとホワイトソースのチーズカレードリア」のコロッケ2種類と煮込みメンチバーグ 970円

トルコライスを味わうなら絶対にオススメです!おいしかった!! ごちそうさまでした!!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

番外編

長崎のお土産は長崎空港エアポートショップが便利

  • ベストグルメショット!レポートのつづきをお楽しみください!

  • 今回は、長崎空港の出発階2階にある「エアポートショップ」からお届けします!

  • 「文明堂総本店」の「カステラ」。カステラ作りの基本である生地作り、中混ぜ、泡切り、色付け、焼成という技が活かされた逸品。

  • 次に「長崎空港ビルディング」の「じゃがメル」。長崎空港ビルディング株式会社が沖田製菓舗と共同開発したオリジナル新商品。

  • 「じゃがいものダンボール箱」をミニチュア化したパッケージは、長崎在住のデザイナー・古賀正裕氏が担当しました。

  • キャラメルの甘さからチップスのザクザク食感へ、味の変化が楽しめる新感覚の「安心手作りスイーツ」です。

さて、番外編です!今回は、長崎空港の出発階2階にある「エアポートショップ」からお届けします!まずは、「文明堂総本店」の「カステラ」。日本全国知らない人はいないとまで言われる超有名店舗。明治33年創業。明治・大正・昭和・平成と、百数年のあいだ一貫して「皆様に喜んでいただけるお菓子づくり」を目指し、材料の厳しい吟味、製法の研究、販売現場でのサービスの改良を重ねながら、ひたすら品質向上のための努力をなさっています。 2016年6月、33年ぶりにパッケージを変更し、日本パッケージデザイン賞 2017の金賞を受賞されました。次に「長崎空港ビルディング」の「じゃがメル」。長崎空港ビルディング株式会社が沖田製菓舗と共同開発したオリジナル新商品。長崎が誇る特産品、じゃがいも(雲仙産 100%)を使用し、素材の味をしっかり出すために、ノンフライ製法でチップスにしたじゃがいもを濃厚なキャラメルでコーティングしています。キャラメルの甘さからチップスのザクザク食感へ、味の変化が楽しめる新感覚の「安心手作りスイーツ」です。

DATA

長崎空港エアポートショップ

住所 長崎空港2階
電話 0957-52-5551
営業 6:45~20:30
定休日 無休
料金 文明堂総本店 カステラ1号1,890円、じゃがメル514円

「カステラ」や「じゃがメル」など長崎のおみやげを買うならエアポートショップが便利です!

お店の詳細は、はんつ遠藤さんのブログでご紹介

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

全体マップ

掲載の内容は記事公開時点のもので、変更される場合があります。

もっとおトクにJALダイナミックパッケージ

JAL九州応援プロジェクト「行こう!九州へ」

「行こう!九州へ」プランをご購入いただくと、JALグループが収益の一部からおひとりにつき500円を、熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援委員会を通じて 熊本城と阿蘇神社の復興支援金として寄付します。

Ranking

九州の人気記事ランキング

Interview

あの人の旅行インタビュー

「インタビュー」をもっと見る

Recommend

あなたへのおすすめ

New Arrivals

新着記事

記事をもっと見る

航空券やツアーの予約はこちらから

国内線航空券を予約

ご利用案内

国内線航空券

航空券と組み合わせてお得にマイルがたまるサービスも!

国内ツアーを予約

ご利用案内

JALダイナミックパッケージ

往復航空券+宿泊+オプション
自由に組み合わせて、オリジナルの旅が楽しめます!

ページトップへ